HHKBProfessionalHybridType-SをMac miniで利用して気になる点

スポンサーリンク

私はパソコンを以前利用していたMacBookProからMac miniに変更をしました。

ここで、この組み合わせでキーボードを利用していて、キーボードの打鍵感等は良いと感じていますが、Mac Miniと組み合わせた事で若干気になる点がありました。

また、使い勝手の良い点もあります。

今回は、Mac miniとHHKBProfessionalHybridType-Sの組み合わせで使いやすい点と微妙と感じる点について述べていこうと思います。

本記事がMac nimiでHHKBProfessionalHybridType-Sを利用しようと考えている方の参考となりますと幸いです。

使い易い点

初期設定を他のキーボードで設定をした後は楽に接続できる

Mac miniの初期設定を有線のキーボードで設定する必要がありますが、優先で設定を終えた後にHHKBProfessionalHybridType-Sを接続する事でログイン画面からこのキーボードの電源をONにするだけで接続ができる様になります。

ボタン一つで接続ができる点は非常に使いやすく、個人的には嬉しい点です。

パソコンを起動させて、キーボード側で接続時に切り替え操作の必要が無い点は非常に助かると感じています。

「ボタン」

気になる点

初めの操作時に優先のキーボードが必要

先述をしましたが、初期設定の際には、Mac miniとHHKBProfessionalHybridType-Sの接続ができません。

そのため、別の有線のキーボードにて設定を行いました。

これは、キーボードを一つしか持っていない方にとっては不便な点として挙げられると感じています。

「有線のキーボード写真」

ログインを一度した後にHHKBProfessionalHybridType-Sの接続設定をする事で利用ができる様になります。

HHKBProfessionalHybridType-Sを一度接続すれば、次回以降はログイン画面でHHKBProfessionalHybridType-Sを利用する事ができます。

Bluetooth接続時にタイピングが若干遅れて反応する事がある

数ヶ月程利用をしていて気づいた事ですが、普段はタイピングをしている際にタイプした文字が遅れて入力される事はありませんが、たまにタイピングをした後に文字入力が遅れて入力される事があります。

具体的には、文字を入力している最中に一時的に入力が止まって後からタイピングした文字が入力されるという感じです。

原因がどこにあるか分かりませんが、最初の内は、タイピングをしている最中に文字入力が止まると焦ります。

しかし、徐々に慣れてきますので、現在は問題無く利用できています。

まとめ

今回は、Mac miniとHHKBProfessionalHybridType-Sの組み合わせでパソコン操作をしていて気になる点と使いやすい点についてまとめました。

タイピングの打鍵感は非常によく、パソコンのスペックについても文句のないモノだけに、気になる点に記載した内容は勿体無いと感じています。

しかし、個人的にはタイピングの遅延も慣れるとなんと無くまたかと流せる様になっています。

そのため、今後もこの環境で作業をしていきたいと考えています。

何より、HHKBProfessionalHybridType-Sの打鍵感が気に入っているため、これからもこのキーボードを使っていきたいと感じています。

本記事がMac nimiでHHKBProfessionalHybridType-Sを利用しようと考えている方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA