パソコン周辺機器

HHKBを2ヶ月利用して最高のキーボードと感じている

Happy Hacking Key Board Professional Hybrid TypeS(HHKB Professional Hybrid Type-S)を購入して、2ヶ月が経過しました。この間、PCを利用する場面ではほとんどこのキーボードを利用してきました。タイピングが軽く長期間タイプをしていても、タイピングを楽しめる良いキーボードだと感じています。

私の主観がほとんどとなりますが、今回は2ヶ月間HHKB Professional Hybrid Type-Sを利用した感想を述べていきたいと思います。

現在HHKB Professional Hybrid Type-Sの購入を考えている方の参考となりますと幸いです。

タイピングの心地

タイピングの心地として最初にこのキーボードを触った時と同じく、キーが非常に軽く、打っていて楽しいと感じています。特に、軽いタップでキー入力ができる事から長時間キーボードを利用していても、打ち心地が良く苦にならずに、長期間タイピングをしていたいと思います。

やはり、タイピングの軽さは正義だと感じます。

使い始めた当初は、mac純正のキーボードとは違い、英字、かなの変換キーサイズが小さいと感じる事が最初はありましたが、慣れてくるとサイズを気にする事はなくなりました。

「キーサイズの比較」

Bluetooth接続の安定性

Bluetooth接続は非常に安定をしています。利用中に接続が切れる等は発生した事はありません。1日あたりの利用時間が短いのかもしれませんが、問題なく利用ができており、満足しています。Bluetoothマウスと併用する事が多いですが、どちらも接続が切れる事はありませんでした。安心して利用ができます。

キーボードのサイズ感と利用時の環境

家での利用のサイズにちょうど良いサイズ感と感じています。テンキーがない事で、省スペース化ができており、利用中、マウス利用エリアを広く取る事ができます。個人的には作業スペースが狭い事から、省スペースで作業できる事がありがたく感じています。

「利用環境」

利用中のキーボード本体の安定感

滑り留めが十分にいきいていてタイピングが安定しています。利用している環境としてプラスチック製で滑りやすそうな素材ですが、この上でタイピングをしていても、キーボードそのモノが滑る事なくタイピングをする事ができています。ここから、滑り止めが十分に効いていると感じています。

一方で、キーボードについている高さ調整の爪を立てると滑る様になります。設置場所の問題があるかもしれませんが、爪側には滑り止めとなる素材がついていないため、非常に滑りやすくなります。そのため私は、基本的には爪を立てずにキーボードを利用します。

「キーボード爪部分」

あるといいなと思うモノ

このキーボードをタイピングする時、手首が疲れる事があります。原因として、キーボードをタッチする時に手首を浮かせて作業をする事が多いためだと考えます。そのため、パームレスなどを利用する事を勧めたいと思います。私も近直購入を検討しています。

まとめ

HHKB Professional Hybrid Type-Sを利用して2ヶ月が経過しました。総じて、タイピングが楽しくなるキーボードだと感じます。また、安定して利用でき、安心感のあるキーボードだと感じています。ここから、今後も長く利用をしていきたいキーボードとして考えています。特に、タイピング時のキーボードの軽さが非常に魅力的です。

本記事がHHKB Professional Hybrid Type-Sの購入を検討されている方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-パソコン周辺機器

© 2020 さんえんブログ