mac

MacBook Pro Retinaモデル 13-inch, Early 2015を4年利用して最高のパソコンと感じた

私はMacBookPro13int Early 2015を利用しています。今年で4年目の利用となりますが、現在も現役で稼働しています。本日はこの端末に対して4年間利用をした感想を述べていこうと思います。ご興味のある方はご参照ください。

MacBookPro13int Early 2015のスペック

  • メモリ:8 GB
  • HDD:500GB
  • CPU:intel Core i5
  • グラフィック:intel Iris Graphics 6100

MacBookPro13int Early 2015の良いところ

拡張子が充実している

MacBookPro13int Early 2015には様々な拡張子がデフォルトでついています。例えば、SDカードリーダー、イヤホンジャックといったものです。SDカードリーダーについては、ブログを書く上で重宝しています。デジカメで撮影した画像をデジカメからSDカードを抜いて、端子を利用することなく、直接PCに差し込みデータを取り込むことができます。そのため、端子の取り外し等を行う手間を省いて利用することができます。

「拡張子右」

「拡張子左」

Retinaの画面が綺麗

画面がとにかく綺麗です。PCを購入した当初は画面が綺麗すぎて通常のディスプレイに拡張をして繋ぐ事が惜しいと思い、ノートパソコンの画面拡張を行わずに13インチの画面で作業をしておりました。

場所を選ばずに作業ができる

ノートパソコンの強みであり、13インチという程よいサイズ感がもたらした効果として、パソコンの利用を机の上に限らず、あらゆる場所で実施できる事が強みだと感じています。くつろぐ時は膝に乗せて作業をし、しっかりした環境では机に乗せて作業をするといった様に場所を選ばず、気分に合った環境で作業を行える事が強みとして挙げられます。

母艦として使うには十分なパソコン

ノートパソコンでは正直、スペックが物足りないのではないかと思って購入しましたが、蓋を開けてみると、5年間も母艦として活躍してくれています。普段使いには十分なパソコンとなっています。最近では、プログラミング学習、ブログ記事作成等の作業をこのパソコンで行ってきましたが、スペック不足を感じる事なく利用ができています。

MacBookPro13int Early 2015の近頃

13inchでありながら重量があり持ち運びをしたいとは思わない

外に持ち運びをする気はなかなか起きませんでした。重さとして、1.5kg程度となり重量感のあるパソコンとなっています。そのため、ホイホイと持ち運びたいかと言われると若干持ち運びたくないと感じる重さです。最近は、iPadを購入したため、こちらを外出時に持ちあることが多くなってきました。

4年経つと流石にバッテリーがへたってきた

ノートパソコンなので当たり前ですが、バッテリー持ちが良くなくなってきました。特に、ブログを書いていると1記事書き終えるころには残量が30%程度になります。ここから、さすがに5年たつとバッテリーがへたってきていると感じています。

カラカラと音がなる様になってきた

私が初めて購入したMac端末である、MacBookPro13int Early 2015ですが、さすがに寿命がきたのか、たまにカラカラ音を鳴らしています。

まとめ

4年間母艦として利用してきたMacBookPro13int Early 2015ですが、先述した様に最近異音を放ちはじめ調子が悪くなってきました。今回は、このパソコンを4年間利用した事で良かった事と近況についてまとめ、4年Macのパソコンを使うとどうなるかを述べさせていただきました。

最高の愛機として活躍をしてくれていて、まだまだ長く使っていきたいと感じるところがある良い製品だと感じています。そのうち母艦を買い換える事はあるかもしれませんが、サブ機として長く使っていたいとも感じています。

本記事がMacBookの購入を考えている方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-mac

© 2020 さんえんブログ