iPad

ApplePencile(第一世代)をiPadにくっつけて持ち運べる様にするFRTMAのApplePencil様グリップ

ApplePencil第一世代は第二世代とは異なり、ペン自体がiPadにくっつく様になっていません。そのため、iPadとは別に持ち運びをする必要があります。人によっては、iPadとApple Pencilの両方を持ち運びたいという方がいらっしゃると思います。今回は、ApplePencil第一世代を持ち運ぶ際にiPadのケースにくっつけて持ち運びができる様にするFRTMAのApplePencil様グリップを紹介をします。

「FRTMAのApplePencil様グリップ」

Apple Pencil第一世代の持ち運びを検討している方の参考となりますと幸いです。

Apple Pencil第一世代の持ち運びの課題

Apple PencilをiPadと共に持ち運びができない

私の場合ですが、Apple Pencilをスリーブケースに入れて保管しています。そのため、Apple Pencilを使いたい時には、スリーブケースから取り出す必要があります。スリーブケースが手元にある場合は良いですが、手元に無い場合は、スリーブケースまでApple Pencilを取りに行く必要があります。これは手間になります。

FRTMAのApple Pencil様グリップで解決

FRTMAのApple Pencil様グリップでは、写真の様にApple Pencilのグリップ部分に磁石入りのグリップを取り付けます。これにより、Apple Pencil第一世代のグリップ部分が金属にくっつく様になり、持ち運びの課題が解決します。

どこに貼り付け可能なのか

iPadの端へ貼り付けて保存

タイピング作業を行なっている間、iPadの上部に貼り付けたところ、 iPadからApple Pencilが落下しませんでした。

「iPad利用時」

iPadスマートキーボードに貼り付け可能

スマートキーボードを閉じた場合には、写真の様にスマートキーボードの磁力のある部分に貼り付けが可能となっています。

「スマートキーボードへの貼り付け」

写真の様にiPadの端に取り付ける事で、スマートキーボードを利用する時、閉じた時でも、Apple Pencilの位置を移動させる事無く、持ち運びが可能となり、便利だと感じています。

「iPadへの貼り付け」

どういった人にオススメか

FRTMAのApple Pencil様グリップの利用を特におすすめの方として、Apple Pencilの利用頻度の高い方となります。やはり、Apple Pencilをすぐに利用できる環境を構築したい方にとっては、第一世代のApple pencilを第二世代のApple Pencilの様に磁石でくっつけて持ち運べる様になるのはいつでもApple pencilを利用できる環境が構築できるため、メリットとして考えられます。

注意点

貼り付けているだけで充電はされない

注意点としては、第二世代のApple Pencilの様に持ち運びができる様になるのみで充電機能は備わっていないため、Apple Pencil単体で充電を行う必要があります。

強力な磁石ではあるが落下の可能性がある

強力な磁力でなかなか外れる事はありませんが、グリップ以外の部分がペンとiPadの装着場所間で隙間が少し空いてしまいます。この部分を何かに引っかけた場合、簡単に外れますので、注意が必要と感じます。

「隙間」

まとめ

FRTMAのApple Pencil様マグネットグリップは、Apple Pencil第一世代に対してグリップ部分に磁力を持たせる事でApple Pencilの持ち運びを手軽にし、Apple Pencilを頻繁に利用する方にとっては良い環境を構成できる製品として感じています。

本記事がApple Pencilの持ち運びを手軽にしたい方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-iPad

© 2020 さんえんブログ