大きなマウスパッドを数か月利で便利だが暑い

  • URLをコピーしました!

当ブログ掲載広告について

当ブログでは、アフィリエイト・Google AdSense・The Moneytizer・楽天アフィリエイト・A8.netによる広告を掲載しています。

ブログの撮影環境で背景を整える時、机の上を広く覆うシートがあれば、撮影環境を整える事が簡単にできると考え、広いマウスパッドを導入しました。

1年近く利用しまし、使いやすく、良いものだと感じています。

しかし、夏場に向かって不便と感じる点が出てきました。

環境変更の予定を踏まえ、今まで大型のマウスパッドを使ってきた感想についてのまとめとして、本記事を作成します。

使いかっての良い環境であるため、大型のマウスパッドを導入したいと考えている方の参考となりますと幸いです。

目次

大きなマウスパッドの外観

大型のマウスパッドのサイズは、横121cm、縦59cmと大型です。

縦横90度違うけど敷いた時の画像

素材はゴム製で、机の上でしっかりと滑り止めが効いています。使っていてマウスパッド全体が滑って徐々にずれてくる事はありません。

表面はマウスが滑りやすい素材でスベスベしています。適度に抵抗もあり、マウスを使いやすいです。

机の上全面がマウスパッドのメリット

マウスを机の全面を覆う事で得られたメリットを紹介します。当初、撮影ために導入した大きめなマウスパッドでしたが、以外なメリットもあり、色々と便利です。

マウス以外のものを設置しても滑りにくい

机全面をマウスパッドで覆う事で、机の上に置く周辺機器がもマウスパッドの上に置くことになります。

私は、キーボードや左手デバイス等を置いています。

マウス以外の色々なもの

キーボードについて、背面がしっかりと固定できない時には、滑る事になりますが、マウスパッドを机全面に敷いている事で、滑り止めの役割もあり、ある程度力を入れた場合も滑る事なくが少なく利用できます。

マウスパッドの背面

撮影の見た目が良くなる

大型のマウスパッドを購入した目的です。ずぼらな私は、撮影の際に背景シートを用意し、物撮りする事が面倒で仕方ありません。

そこで、常に敷いているマウスパッドの上に対象物を置くことで、背景の整った画像が撮影できます。

撮影したもの

最近は大型のものや設置場所を変更できないものの記事が多いため、なかなか活躍できていませんが、背景を整えた画像撮影が簡単です。

どこでもマウス利用できる

ディスクを散らかしたときや、置いている物が多いとき、マウスを机の上のどこでも利用できる事は大きな利点です。

マウスを机全体で使える

また、マウスを大きく動かしたい時、大きな移動範囲が確保できる事は、作業的なストレスを軽減できています。

机の上が全面マウスパッドのデメリット

マウスパッドを机の上全面に敷く事で得られたメリットの他に、回避できないデメリットがあるため、紹介します。

ほこりや汚れが目立つ

黒のマウスパッドを利用しているため、余計に目立つ事ですが、物を机の上に置いた時、白く汚れた部分が目立ちます。

汚れが目立つ

クリーニングブラシで拭き取りができますが、目立つため、気になる度に拭き取る必要があります。

特に、ほこり関連の汚れのため、ちょっとした時に付着します。掃除頻度が高めになります。

夏場触れる部分が暑い

現在6月ですが、腕とマウスパッドの触れる部分が暖かく、気持ち悪いです。

仕方のない事ですが、解決のためには、マウスパッドを取り外すしかありません。

今回、大型のマウスパッドの利用をやめる事にした理由がこの暖かさです。

まとめ

大型のマウスパッドを導入し、物撮り関連影で便利な面を多く感じています。また、パソコン作業の場所を机上であればどこでも拡張できる点が評価できます。

また、マウスの稼働範囲の広い方にとって最高の環境なので、導入をおすすめします。

丸洗い可能な物もあり、衛生面においても、維持は可能です。

個人的には、気に入っていた環境のため、冬になったら、再度大型のマウスパッド乗りように戻す予定です。

本記事が、大型のマウスパッドの導入を考えている方の参考となりますと幸いです。

以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次