モバイルモニター含むデスクトップPC環境のトリプルモニターでベストな配置を模索

  • URLをコピーしました!

当ブログ掲載広告について

当ブログでは、アフィリエイト・Google AdSense・The Moneytizer・楽天アフィリエイト・A8.netによる広告を掲載しています。

モニター数を増やす度、どういったモニター配置がベストか悩みます。

どのモニター配置が良いか考え、モニター配置を色々といじっていました。上下に並べて置いてみたり、長めのモニターを縦置きにしたりします。

個人的に色々試した結果、3枚のモニターを横に並べた配置が一番使いやすいと感じています。

本記事では、モニター3枚を横並びが一番使いやすいと感じた理由や、結論にたどり着くまでに試したモニター配置を紹介します。

本記事がトリプルモニター環境を試したいと考えている方の参考となりますと幸いです。

目次

利用中のモニター紹介

トリプルモニターで利用してるモニターは、4Kモニター1枚と、フルHDモニター2枚です。

4Kモニターが27インチ、フルHDモニターは、23.6インチモニターと14インチモバイルモニターを利用しています。

各モニター以下の様になります。

  • JAPANNEXT JN-MD-IPS1401FHDR
  • I-O DATA KH2460V-ZX
  • DELL S2721QS

試したモニター配置

トリプルモニターで実際に試しましたが、利用中に課題を感じたモニター配置を紹介します。

モバイルモニターを画面下へ配置

モバイルモニターをモニターの下に配置した配置です。

モニター下配置の例1
モニター下配置の例2

モバイルモニターを斜めに配置し、タスクマネージャーやモニタリングソフトを起動させます。

また、作業中に動画を移したり、ゲーム中に必要な情報を表示したりしています。

しばらく利用をしていましたが、モバイルモニターを集中してみる時、首を下に向けるか、体でモバイルモニターを覆う形で視聴します。

モニターが机の奥に配置されているため、モバイルモニターを長時間見ることで、首が疲れてしまいます。

また、モバイルモニターを配置にスペースを使うため、机のスペースの活用が十分できないデメリットがあります。

モバイルモニターを他2枚と隣接配置

モバイルモニターを机に置いた時のスペース減少を避けるため、モバイルモニターを浮かせて配置した状態です。

4Kモニターを縦置きとし、モバイルモニターを隣接する配置とする事で、モニターの行き来をスムーズにしています。

4Kモニター縦置き

この環境は、モニター配置を小さくまとめた事で作業スペースを広く確保しつつ、利用でき快適な環境です。

しかし、モニター上部を見上げる形でモニターを見る必要があり、作業に集中した時、首が疲れてしまい、長期利用ができません。そのため、諦めました。

モニターを横並びで利用

モニターを横並びで利用したシンプルな形です。ただし、横のスペースを広くとるため、モバイルモニターを気持ち縦置きにしています。

モニターの横並び

モニターの配置を4Kモニターとして、左右にモバイルモニターとゲーミングモニターを配置しています。

これまでのモニター配置で発生していた首の疲れがなく、作業もしやすい環境です。

ただし、机のスペースを横に利用するため、スペースが多く必要です。

モバイルモニターを縦置きに配置し、スペースの削減をしています。また、縦置きのモニターで「X」の様な縦スクロールで情報取得するアプリケーションが使いやすいです。

まとめ

モバイルモニターを含むトリプルモニターの配置では、モバイルモニターが小型なことから、少し特殊なモニター配置ができそうでワクワクしていました。

実際に色々なモニター配置を試してみて、長時間利用は、首の疲れから特殊なモニター配置より、シンプルな横並びのモニター構成が自分には合っていました。

やりたい事や、人によって自分に合ったモニター構成は様々なため、手持ちのモニターの配置を色々と検討してみてはいかがでしょうか。

モニターの配置変更を行う度、気分が切り替わり、フレッシュな気持ちで作業に臨めるため、楽しいです。

本記事がトリプルモニターの配置を検討している方の参考になりますと幸いです。

以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次