MacBookPro2020(M1)のUSBハブとしてSATECHIのケーブル式(MULTIPORT V2)を購入した

スポンサーリンク

MacBookProを購入した際に必要となるのが、USBハブです。

USBハブには2ポートを占有してポートとするタイプのものと、今回紹介するケーブル式で1ポートのみを占有するものの2つの種類があります。

今回は、ケーブル式のUSBハブについて紹介をさせていただきます。

本記事がMacBookPro2020(M1)のUSBハブ選びの参考となりますと幸いです。

MacBookPro2020(M1)にとってUSBハブは必須

MacBookPro2020(M1)の端子は左側にUSBType-Cが2基あるのみです。

「USBType-C端子」

「反対側」

そのため、SDカードの利用やHDMI端子、USBType-Aを利用する場合、ハブがどうしても必要となります。

私の場合ですが、ブログの画像をカメラから移す際にSDカードをよく利用するため、SDカードスロットが必須となります。

今回は、SDカードスロット欲しさにUSBハブを購入しました。

アップル純正のSDカードリーダーを保持していましたが、周辺機器の端子全てをUSBType-Cに統一できていないため、USBType-A、HDMI端子を利用することを考え、SATECHIのケーブル式USBハブ(MULTIPORT V2)を購入しました。

何故コード式なのか

USBType-Cを2基とも使って接続するタイプの端子もある中でコード式のものを選んだ理由として、USBType-Cの端子を利用する際には、なるべく変換器を利用する事無く、本体についているUSBType-Cの端子を利用したいと考えたためです。

「USBType-Cを2基使うタイプ」

私はMacMiniも所有しているため、こちらでも利用する場合、USBType-Cを2基利用する端子のものを活用する事は難しいと考え、1基のみを利用するものを購入しました。

そのため、USB端子1基を接続することで利用できるMULTIPORT V2を利用する事としました。

「MULTIPORT V2接続状態」

MULTIPORT V2の端子の数

MULTIPORT V2には、USBType-Aが3基、USBType-Cが1基、HDMI1端子1基、SDスロットとMicroSDスロットがそれぞれ1基づつついています。また、ETHERNETのポートが1基ついています。

基本となるポートが一通りついていることが魅力の一つといえます。

これならば、何か必要なポートがあった時でもこのハブを利用することで難なく利用ができると考えています。

「SDスロット」

「ETHERNETとUSBType-C」

「USBType-AとHDMI」

デザインが良い

個人的には、MacBookProを白色にした事から、白っぽい色のハブを探していました。

そこに、このシルバーのハブがあったため、ちょうど良いと感じ、購入しました。

デザインも、四角の形をしているのではなく、全体的に少し台形に近い形となっていることから、SATECHIのデザインに対するこだわりを感じています。

「断面の写真」

コードについても、白色になっている点についても、個人的には気に入っている点となります。

サイズ感

重さについては、78.5gと重くなく持ち運びがしやすい重さとなっています。

私はガジェットポーチの中に忍ばせて持ち運べるサイズとなっております。

「重さ」

まとめ

汎用性が高くUSBTyp-Cを1基のみで利用する事のできるUSBハブとして、SATECHIのケーブル式ハブMULTIPORT V2を購入しました。

デザインや持ち運びのしやすさから、気に入って持ち運んでいます。

Macを購入してハブをお探しの方にとって、MULTIPORT V2は最低限のポートに対応しているちょうど良いハブだと感じます。

本記事が、本記事がMacBookPro2020(M1)のUSBハブ選びの参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA