幅の調整ができるSatechiのラップトップスタンドがMacBookProの保管に便利

スポンサーリンク

MacBookPro2020(M1)と合わせて購入したものが、Satechiのラップトップスタンドとなります。今までMacBookProを保管する時や、クラムシェルモードを利用する時などには、MacBookProをディスクに寝かせて置いていました。

しかし、今回紹介するラップトップスタンドを導入したことにより、MacBookProを立てて保管できることから場所を取らずに保管することができる様になり、便利だなと感じています。

今回はこのラップトップスタンドの紹介をさせていただきます。

本記事が、ラップトップスタンドの購入を検討されている方の参考となりますと幸いです。

場所を取る置き方からの解放されたい

MacBookProを寝かせておいた場合、13インチMacBookProが机のある程度の面積を利用できなくしてしまいます。

「寝かせて保管するMacBookPro」

これでは作業スペースが確保できず、邪魔だなと感じます。

そのため、MacBookProを利用しない時や、クラムシェルモードでMacBookProを閉じている時には、MacBookProを立てて保管し、場所を取る置き方をやめたいと考え、今回ラップトップスタンドを導入する事としました。

「ラップトップスタンドに保管するMacBookPro」

外観は安っぽくない

私が購入する際には在庫が黒しかなかったため、黒色を購入しています。

素材はアルミニウムでできており、安っぽさはなく、マットな感じに仕上がっています。

「Satechiラップトップスタンド」

色は白っぽい色が良かったのですが、この感じの黒は嫌いではないため、気に入っています。

色が黒のためか、爪などの引っ掻き傷は白く跡が残ることがあるので、扱いには少し注意が必要です。

「爪の引っ掻き跡」

幅が調整できるため便利

Satechiのラップトップスタンドの良い点として、ネジによる幅の調整ができる事が挙げられます。

ネジは写真の様なもので、非常に簡単に調整が可能となります。

「ネジ部分」

幅の調整ができることから、MacBookPro側にスタンド等を貼り付けMacBookProの幅が厚くなっていても、その分スタンドの幅を広げることで、MacBookProを立てて保管することができます。

「背面に貼り付けたスタンド」

MacBookProと接する部分はゴム素材となっており安心

先ほど記述するようにラップトップスタンドはアルミ素材となっています。

そのため、MacBookProと接触する部分はMacBookPro側に傷がつくのではと心配となります。

しかし、このラップトップスタンドはMacBookProと触れる点がゴム素材になっており、安心してMacBookProを置く事ができます。

ゴム素材で傷つかない点については、安心して利用できるなと感じています。

「接触部分のゴム素材」

背面にも滑り止めがついている

背面にも4箇所の滑りどめがついています。

「背面の画像」

これにより、滑りにくくなっています。

私は机の隅にラップトップスタンドを置いて利用することが多いので、何かの拍子にラップトップスタンドを押し出してしまう心配があります。

しかし、滑り止めがついていることで、机からラップトップスタンドを落す事は無いので、安心して机の端に置いています。

まとめ

MacBookPro側の厚みに関係なく、スタンドとして機能させる事のできるラップトップスタンドはあ非常に使いかってが良いと感じています。

また、MacBookProを傷つけない工夫や滑り止めがついている事など、細かな工夫があり、

使い勝手のよいラップトップスタンドだと感じています。

今後も継続して利用していきたいと考えています。

本記事が、ラップトップスタンドの購入を検討されている方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA