パソコン周辺機器

WindowsからmacOSに変更し満足な点と課題視する点

母艦を自作PCのWindows7から、MacBookProに変更し4年が経過しました。windows10を会社で利用し、macOSを家で利用しています。私は、総合的にmacOSに変更して良かったと思えます。今後もmacOSを利用していきたいと感じています。ただし、物理面(お金、筐体のモデル)で課題があり、今後マッチしない場合は購入を控えると思います。今回は、macOSを利用して感じる事を記事にしていきます。

macOSをご検討中の方のご参考になりますと幸いです。

Windowsをやめた理由

windowsからの変更の方の中には色々な理由があると思います。私の場合は以下の理由からOSの変更を決意しました。

  • OSのアップデートに対しお金をかけたくない

 過去にwindows7からwindows10へのバージョンアップが無料の時期がありました。私もこの時期にバージョンアップをしました。その後、windows10をインストールしていたHDDのデータが消えてしまいました。windows7をインストールしましたが、windows10へのバージョンアップは有料となりました。この事から、今後もOSのバージョンアップの度に費用が発生する事が考えられました。macOSの場合、筐体を一度購入してしまえば、OSのバージョンアップに費用はかかりません。これはバージョンアップにお金をかける必要は無く、良いと考えました。

  • 操作画面がOS変更の度に変わって欲しくない

 Windows10の操作画面がWindows7から大きく変更となっています。Windows8の時も思いましたが、OSの変更都度操作画面が変わり、今までの機能がどこにあるか探す必要があるという事に若干の抵抗がありました。OSが変更となっても、操作性の変更が少ないmacOSが魅力に感じました。

  • iPhoneとの連携に憧れたため

 私の利用しているスマートフォンがiPhoneです。iPhoneとmacOSの連携機能は様々あります。個人的にはsafariを利用した時のデータ共有、メモに記載した内容をiPhoneとPCで共有できる事で出先と家での作業を継続して行う事ができる事に魅力を感じました。

macOSを利用してよかった点

  • 画面の操作感

基本的には変更して良かったと感じています。実際にmacOSを使い初めて感じることは、グラフィカルの操作感はwindows7と同じ操作感です。シンプルで使い易いです。

  • 各種officeソフト

macに標準で備わっているpage、key、numberで問題無く利用ができます。書き出しの際にも、拡張子を変換できる機能があるため、対windowsソフトに対しても対応ができます。

  • OSのアップデート

大型アップデートは1年に1回程度です。また、その際に操作画面のデザインが大きく変わる事はありません。

  • PCの動作

利用を初めて4年目ですが感覚としてPCの動作が遅くなったという感覚は無く、まだまだ継続して利用したいところです。

  • iPhoneとの連携

メモ帳を共有出来る事やiPhoneで撮影した写真の連携も、iPhoneを物理的(ケーブル)にmacbookに接続する必要は無く、画像の共有の操作で共有できます。

  • iTunesの動作

Windowsでは起動に5分かかっていた所をMacOSでは5秒以内に起動する事ができます。実際にiPhoneのバックアップ取得についても時間はWindows時代と比べて早くなっています。

  • macOSのバックアップ

Time Machine によって楽々です。外付けHDD等の外部ストレージを指定し、バックアップを取得してくれるという簡単なものです。また、外部ストレージの容量がいっぱいになったら古いデータから削除してくれるという機能です。

macOSにしたデメリット

私がmacOSを利用して気になっている点をデメリットとして挙げると以下となります。

  • 会社で使っているPCがWindowsである事が多い

macとwindowsPCのキーボードの配置が異なり、スペースの隣に「かな」、「英数」の変換があります。これにより、macの操作感に慣れるとWindowsPCでは操作ミスをします。

「かな、英数」

  • 物理筐体を自由にできない事

macOSを利用する場合、基本的にはMac端末を購入する必要があります。自作PCにmacOSを導入する事はできるようですが、Appleのサポートから外れてしまいますので、基本的にはできません。サポートを外れる場合、トラブルの対応ができないため、個人的には厳しいです。

 そのため、Appleが展開している製品のラインナップに筐体は従う事となります。これにより、グラフィカルボードを拡張したり、SSDをHDDに変更する等必要な時に必要な部品を追加する事ができないという事です。GPUを購入する事でグラフィックの点は解消出来るようですが、公式のGPUは89,800円と高めです。

  • 値段が上がってきている

過去、macmini2014モデルは「Core i5」モデルが10万円以内で購入できていました。それに対し、2018年モデルはカスタムを加えずに「Core i5」税別122,800円と10万超えとなります。

まとめ

OSをWindowsかmacに変えた結果、周辺機器との親和性がある点、使い勝手の良さから、macOSを今後も使っていきたいと感じています。ただし、以下の場合にはmacOSは購入しないかもしれません。

  • 予算の関係で端末が購入できない場合
  • 取り組みに対して購入出来る端末が必要なスペックを満たさない場合
  • 今後iPhoneを使わなくなって、Apple製品の連携機能が不要となった場合

簡単にはなりますが、本記事がmacOSへの切り替えを検討している方の参考隣ますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-パソコン周辺機器

© 2020 さんえんブログ