パソコン周辺機器

Happy Hacking Key Board Professional Hybrid TypeS(HHKB Professional Hybrid Type-S)打ち心地良く長く使いたいキーボード

Happy Hacking Key Board Professional Hybrid TypeS日本語版を購入しました。タイピングを行う機会が多くなってきたため、良いキーボードが欲しいと考え、思い切って購入してしまいました。今回はこのキーボードのレビューを行います。タイピング時のキータッチが軽く、打ちやすいキーボードです。個人的に非常に気に入っているキーボードとなります。今後も長く利用していきたいと思います。

HHKB Professional Hybrid TypeSの特徴

静電容量無接点方式

静電容量無接点方式のキーボードとなっており、耐久性があり、長く利用していけるキーボードとなっています。

Bluetoothと有線接続が使える

キーボードはBluetooth接続と有線接続の2つが可能となっています。有線接続時には電池を利用する事なく利用ができるため、電池の消費を抑える事ができます。家で作業する時には有線接続で利用し、外出時には無線で利用する等、利用方法を切り替える事ができる点が良いと感じます。

バッテリーではなく電池稼働

この製品は電池稼働となっています。そのため、バッテリーの寿命を機にする事なく、電池の切り替えを行うだけでキーボドを利用する事ができます。この点は、キーボードを長く利用できる点だと感じています。バッテリーの消耗でキーボードの利用期間が短くなる事が無く、長く愛用できる工夫として感じています。

利用して気に入っている点

実際にキーボードを利用した事で気に入っている点を記載していきます。キーボードの利用状況として、購入して半日程度となります。

キーのタイピングが軽い

キーボードのタイピングが非常に軽く、利用しやすい。先述した通り、このキーボードは静電容量無接点方式となっており、キー1つ1つのタイピングが軽く、使いやすいキーボードとなっています。これにより、キーボードのタイピングを長時間行っていても疲れが少ない気がします。また、キーが軽い事からタイピングを楽しむ事ができています。

省スペース化が良い

テンキーが付いてないキーボードとなり、省スペースでキーボードを利用する事ができます。特に、キーボードの設置場所を広く利用する事ができない私の作業スペースにとってはこの省スペースで利用できるキーボードが非常に使い勝手が良いと感じています。

「キーボードの設置場所」

キーボードを二段階高さ調整可能

タイピングキーの高さを二段階調整可能となっています。少し角度をつけた状態でタイピングを行いたい時には1段階角度をつけ、角度をつけてタイピングをしたい時には、最大の角度にする事で自分に合った角度をつけてタイピングを行う事ができ、便利さを感じています。

「高さの調整」

滑り止めによって安定してタイピングができる

裏面4箇所にストッパーがついています。これによってキーボードの高さ調整を行っていない状態で十分な滑り止めが効いています。この滑り止めによって安定してタイピングを行う事ができます。高さ調整を行わず利用する際には、よく滑り止めが効いていると感じています。

「4箇所の滑り止め」

キーボードの音が静か

タイピングをする際に以前レビューしたHHKB for Macの様なカタカタという音はせず静かな感じです。タイピングを初めて行った時、静かなタイピングだという印象を受けました。音を気にする方はこの点が良い点として捉えられると感じます。

改善されると良い点

現時点で改善されると良い点について述べていきます。

キー配置が印字と違う

部分的になりますがキー配置が異なる部分があります。「」を入力する場合、@「のキーを入力する必要があります。日本語版の印字通りにタイピングができると良いと感じています。私は現時点でタイピングのキーの変更方法を現時点で把握ができていませんので、今後発見した場合、キー配置通りにタイピングする方法を記載していきます。

Mac側のバージョンをmojaveからcatalinaへバージョンアップをした事でキー配置が印字と異なる事象が解決しました。現在は、印字通りのキー配置でタイピングができています。

USB Type-Cが別売り

本製品はUSB Type-Cでキーボードとパソコンの接続ができますが、肝心のUSB Type-Cが別売りとなっています。そのため、別途購入が必要となりますので、要注意です。

まとめ

今回の記事では購入直後のレビューという事で色々と記載をしましたが、HHKB Professional Hybrid TypeSは非常に打ちやすく静かで使いやすいキーボードという印象です。個人的には軽い打ち心地を気に入っており、今後長く主力として利用していきたいキーボードだと考えています。また、静電容量無接点方式ということもあり、値段は高いですが、耐久性もあり長く利用するならば満足いくキーボードだと感じています。

今回の記事がHHKB Professional Hybrid Type-sについて興味を持っている方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-パソコン周辺機器

© 2020 さんえんブログ