MacBookpro2020(M1)綺麗に使うために購入したもの

スポンサーリンク

先日、MacBookPro2020(M1)が届きました。

機能面についてはいろいろなブログで述べられていますので、本日はこのMacBookProを綺麗に利用するために購入したものについてのべていきます。

MacBookPro2020(M1)についての利用感想は後日記事にしたいと考えています。

綺麗にMacBookPro2020(M1)を利用したいその思い

以前、利用していたMacBookProは裸で利用していました。

そのため、利用した端末の最後はよく使うキーが掠れていたり、パームレスト部分が汚れていたりしました。

最後にはもう少し綺麗に利用できていたら良かったなと反省をしました。

この反省の思いから、今回購入したMacBookPro2020(M1)については綺麗に利用したいと考えています。

綺麗に利用するために購入したもの

スキンシール

初めに購入したものとしては、Wraplusから発売されているMacBookPro用のスキンシールです。

写真の様にMacBookProの表面に貼り付けるタイプのもので、MacBookProの外側全体を覆っています。

「スキンシールを貼ったMacBookPro2020(M1)」

これにより外側の微小な傷については守られると考えています。

「スキンシールを貼ったMacBookPro2020(M1)背面」

このスキンシールをパームレスト部分にも貼り付けており、パームレスト部分の汚れについても、これでカバーできると考えています。

「パームレスト部分のスキンシール」

今回は持ち物を白色で統一したいと考えている事から、白のスキンシールを選びました。

汚れたらまた買い替えて、別のシールにしようと考えています。

スキンシールですが、貼り付けが大変そうと感じていましたが、割と簡単にできました。

カバーにスキンシールを貼り付けた際には、気泡がたくさんできましたが、指で気泡を押し出す事で、気泡がスキンシールからなくなり、しっかりと表面に貼り付ける事が可能です。

私は不器用な方ですが、ある程度綺麗に貼り付けることができました。

MacBookProに対して、カバー等を装着して重くなることを避けたい方にとってはスキンシールは有効的です。

また、MacBookProのデザインを変えることができるため、気分転換にもなって良いと思います。

キーボードカバー

前回使っていたMacBookProよく使うキーのテカリがひどかったです。

そのため、今回はこのテカリ防止のために、キーボードカバーを利用しています。

キータッチの感じをなるべく損ないたくないと考え、今回は、薄めのキーボードカバーを利用しています。

「キーボードカバーの写真」

実際に使ってみて、キータッチの感覚はシートをつけていない時とシートをつけている時とでは若干異なりますので、キータッチを損なわない方法を別途探そうと考えています。

しかし、タイピングが非常にしにくい等ということはないため、とりあえずキーボードカバーが欲しい方におすすめできます。

画面フィルム

画面を傷から守りたい事から画面フィルムを購入しました。

MacBookProは持ち運びができる端末であり、画面の開閉を行うタイミングが多くなります。

この際、ディスプレイとキーボードの間に硬いゴミが挟まると、画面が傷つく事となります。

この事態を避けるため、気持ちの問題もあるかもしれませんが、画面フィルムを貼り付けました。

まとめ

今回は、購入したてのMacBookPro2020(M1)に対して傷をつけたくない事から、保護用品をすぐにMacBookProに装着をさせました。

個人的には、なかなか良い色合いのMacBookPro2020(M1)となり、安心して利用できる状態となったなと感じています。

本記事が、せっかく購入をしたMacBookProなので、綺麗に使いたいという方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA