MacBookPro2020(M1)を購入する事とした理由

スポンサーリンク

実は今までサブ機として扱っていたMacBookProが古くなった事から手放しました。

「手放したMacBookPro」

今回は資金ができたので、MacBookPro2020(M1)をMacMiniのサブ機として購入する事としましたので、購入の理由について述べていきます。

商品レビューについては、商品が届いてから行いたいと思いますので、お待ちください。

本記事がMacBookPro2020(M1)購入の購入を検討されている方の参考となりますと幸いです。

MacBookPro2020(M1)購入の理由

購入前に散々今が買い時かどうか悩みましたが、以下の理由から、購入する事を決めました。

  1. MacMini単体では何かあった時に不安
  2. 最近家以外の場所で作業をしたいケースが出てきた
  3. アップルからM1チップ搭載の新型MacBookProとMacBookAirが販売され興味を持った
  4. ファン付きの端末が良かった
  5. 少しでもバッテリー持ちの良い方が良かった

一番大きな理由は気持ち的には3ですが、2の家以外の場所で作業をしたいケースが増えた事が今回解決したい事となります。

今回Appleから発売したMacBookProとMacBookAirの差はほぼありません。

比較をしてみると、ファンの有無とバッテリー稼働時間、Touch Barの有無、重さとサイズ感が違いとなります。

「比較表(個人的に気になる部分のみの切り出し)」

そのため、最初はMacBookAirを購入するつもりでした。

しかし、ファン付きである点とバッテリー稼働時間が少しでも長い点からMacBookProの方が魅力的な端末に感じ、MacBookProを購入する事としました。

それでは、各詳細な検討した事を述べていきます。

MacMini単体では何かあった時に不安

以前保有していたMacBookProの型寿命を迎える前に処分をしました。

これにより現在MacMini単体でパソコンを運用しています。

信頼性の高いアップル製品ですが、不具合が発生した時、パソコンを利用できなくなります。

パソコン好きの私にとって、パソコンが無い状態はかなり辛いものがあります。

そのため、予備のパソコンを購入したいと思いました。

最近家以外の場所で作業をしたいケースが出てきた

最近は休日に実家に帰る事が多くなってきました。

そのため、家でのブログ更新がなかなかできない状況が増えています。

持ち運びできるパソコンが1台あればブログが更新できるのにと思うシーンが多く、新規でノートパソコンの購入したいと考えていました。

アップルからM1チップ搭載の新型MacBookProとMacBookAirが販売され興味を持った

前述の通り、新規でノートパソコンの購入を考えていたところ、アップルが開発した新型のM1チップを搭載したMacBookProとMacBookAirが販売となりました。

他の方のブログや動画を拝見して、性能が格段に良くなっている事を知り、新しいものを試してみたいという気持ちになったので、M1チップ搭載モデルを購入する事としました。

ファン付きの端末が良かった

私は今回購入するPCはサブPCとはいうものの、持ち出しのメイン機として利用したいと考えています。

そのため、画像編集をこのパソコンで行う事もあります。その点を考えるとある程度の負荷をかけてもパワフルに稼働して欲しいと思います。

負荷の重い作業をすると、やはり熱がこもりますから、ファン付きの端末が安心感があると感じMacBookProを購入する事としました。

少しでもバッテリー持ちの良い方が良かった

外出用と言ってはいますが、実家のコンセントのあるところへの持ち出しがメインとなります。

しかし、私は充電しながらMacBookProを利用したくはなく、なるべく充電を気にする事無くMacBookProを利用したいと思っています。

そのため、電池持ちの良い端末を購入したいと考え、稼働時間の長いMacBookProを購入する事としました。

まとめ

持ち出しのメイン機として扱いたいという思いから、MacBookPro(M1)を購入する事としました。

ややオーバースペック感がありますが、実際のところ、届いて使ってみないとわからないという感じです。

今から届くのが楽しみです。

本記事がMacBookPro2020(M1)購入の購入を検討されている方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA