mac

Magic Mouse2はコンパクトで多機能な便利マウス。但し電池切れに注意。

Magic Mouse 2を利用して半年程度が経過しました。半年利用して他のマウスには無い、使いやすさと使いにくさがありましたので、記事として掲載します。コンパクトで多機能な良いマウスになっております。但し、人によってはコンパクトサイズ故に利用しにくい場面が見受けられます。

Magic Mouse 2の購入をご検討の方や、マウス選び中の方のご参考になりますと幸いです。

Magic Mouse 2のつかいやすい点

簡単なジェスチャー操作で多機能

多機能マウスならば、ボタンの配置を覚えて利用しなければいけない所、Magic Mouse 2はジェスチャ操作が可能です。Appleが事前に準備したジェスチャ機能が6つあります。この6つの機能を全て利用するも良し、選択するも良しという形です。機能の設定は、設定画面で選択する事ができます。選択画面は、「リンゴマーク」⇨「システム環境設定」⇨「マウス」の順で進みます。

どんな機能があるかを記載します。

  • スクロールナチュラル:指をした方向にマウスをなぞると、画面が上方向に進むようなジェスチャ機能です。
  • 副ボタンのクリック:右クリック機能のON/OFFです。Magic Mouse 2では、ボタンがないため、場所によって左右のクリックを分ける事ができます。下の画像の様な感じです。

「左右クリック」

  • スマートズーム:指一本でマウスをダブルタッチする事で、画面の拡大ができます。
  • ページ間をスワイプ:指を左右に振る事で、戻る進むの操作ができます。
  • フルスクリーン間アプリケーションのスワイプ:指二本でマウスを左右に撫ぜるとフルスクリーン表示をしているアプリケーション画面の表示を変更する事が可能となります。
  • Missio Control:指二本のタップで現在実行中の画面一覧を表示できることです。ショートカットキーの「command+tab」に似た操作をする事がマウスの操作で簡単に実現できます。

私は、「スクロール方向ナチュラル」と「フルスクリーン間アプリケーションのスワイプ」以外の機能をONにして利用しています。どの機能も、指先のジェスチャ操作によって簡単な操作ができるため、直感的な操作ができ、マウスの使いやすさを実感しています。

個人的な設定のポイントとして、「ページ間のスライド」の設定を指1本での操作か2本での操作か設定できますので、指2本で操作する設定する事をオススメします。この設定をする前は、指1本で操作した時に「画面のスクロール」をしたいのに「ページ間のスライド」をしてしまい、誤操作をしていました。「ページ間のスライド」を2本指で操作する事で、この設定にしてから意図しないタイミングで意図しないタイミングでの「ページ間のスライド」が発生しなくなり、使い勝手が良くなりました。

以下に私のMagic Mouse 2の設定を掲載しておきます。

「ポイントとクリックの設定」

「その他ジェスチャの設定」

コンパクトで持ち運びが便利

マウス自体に物理ボタンが存在せず、表面がゴツく無いです。また、全体的に薄い作りになっており、持ち運びに便利な形になっています。一方で、前述したジェスチャ操作が相まってコンパクトで多機能なマウスという形になっています。

サイズ感はさんえんが計測したところ、以下の様なサイズ感担っています。

  • 縦:11.3cm
  • 横:5.7cm
  • 高さ:2.1cm~2.3cm
  • 外周(横):14cm
  • 外周(縦):24cm

数字のみではサイズ感がわからないと思いましたので、比較画像を用意しました。

高さは大学ノート5冊分の厚みがあります。

高さはiPhoneの電源プラグ2.5個分となります。

私は、パソコンを持って出かける際にカバンの中に必ず入れて行きますが、非常にコンパクトで出先で便利に利用できます。

充電器がiPhoneと同じ端子を利用できる。

本体の使い心地とは関係ありませんが、充電器の規格がiPhoneと同じため、マウスを持ち運ぶ時にマウス用の充電器を持ち運ぶ必要は有りません。iPhoneのマウスと同じ規格の充電器のため、荷物が少なくて済みます。充電コードをたくさん持って行く時、カバンの中がコードだらけで欲しいコードがなかなか取り出せないなんて事がありますが、充電規格が統一されており、持ち運ぶコードと端子が1本で良いというのは個人的に良い点です。

Apple製品を統一して利用している方には良い点と感じます。

接続方法が分かりやすい

マウスの接続方法ですが、とても簡単です。先ほどマウスの操作画面に移動した時のように、「リンゴマーク」⇨「システム環境設定」⇨「マウス」で移動して頂き、その画面を表示した状態でマウスの裏にあるスイッチをONにするのみで接続が完了です。

Magic Mouse 2の使いにくい点

マウスの充電中利用ができない

他のブロガーさんの記事でよく書かれている事にもなりますが、マウスの充電口が後ろ側にあります。これにより、充電中マウスを利用する事ができませんので、非常に不便です。

「充電口と充電中」

私の場合は、MacBookproを利用しているため、トラックパッドが付いているので良いですが、他のマウスが必要と感じます。

掴み持ちができないため、摘んで持つ

人によってはマウスを掴んで持ちたい人がいます。かくいう私もその一人です。しかし、このマウスは、掴んで持つのではなく、摘んで持つ感じで使います。でないと小指が地面についてしまい、マウスを移動させる事が難しいです。そのため、マウスの利用時には、掴む形ではなく、マウスを摘むように持って操作する事で、使いやすくなります。マウスの持ち方の訓練が必要となる様に感じます。

「摘み持ち」

家での利用を考えると別にマウスの大きさや、ゴツさ等気にならない事が多いと思いますので、Magic Mouse 2では無く、別のマウスを利用しても良いと感じます。

電池の消費量を知る方法が本体側についてない

Magic Mouse 2で充電量を知る場合、以下のような方法に限られます。(※さんえん調べ)

本体側にマウスのバッテリー消費量を知らせる機能はありません。そのため、バッテリー料を知るためには、iosの場合、利用している端末側のBluetooth機能をONにする必要があり手間が生じます。また、あまり電池残量を気にしていないとすぐに電池が切れますので、注意です。

magicマウスの電池の状態を確認する方法

「リンゴマーク」⇨「システム設定」⇨「Bluetooth」⇨「メニューバーにBluetoothを表示」を選択。

上記の作業を行いますと、メニューバーにBluetoothマークが出現します。これを押し、Magic Mouse 2のマウス名にカーソルを合わせると、充電残量が表示されます。これで電池残量を見る事ができます。

「Bluetoothマーク」

「電池残量表示」

薄いですが、「電池残量」の表示がされます。電池残量の確認のアクセスを素早くできるため、この設定をしておく事をお勧めします。

まとめ

Magic Mouse 2は持ち運びで利用する場面では、非常にコンパクトで多機能なマウスで非常に使いやすく便利であると言えます。一方で、家の中の利用を考えると、マウスの持ち方、充電期間がのマウス利用ができない点を考慮すると、別のマウスを利用するもしくは、予備のマウスを準備する必要があると感じます。私の場合は、充電中にはMacBookProのトラックパットを利用しています。

本記事がMagic Mouse 2の購入を検討中の方やマウス選びの途中の方の参考となりますと幸いです。


以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-mac

© 2020 さんえんブログ