mac

macのキー配列を変更する事でwindowsと同じ操作感のショートカットが実現

今回は、macのキーボード配列で「command」「option」のキーボードの配列を切り替える事で操作感をwindowsに近づける事のできる方法がありましたので、記載致します。

どうしてもcommandの位置が押しにくいという方、設定を変更してみては如何でしょうか。

commandの配置に対して感じていた煩わしさ

Windowsからmacに切り替えてから、数年が経過しましたが、一向に慣れない事がありました。それは、「command」の位置がwindowsで慣れた「ctr」の位置と異なる事です。これにより、ついついショートカットの操作を間違えてしまいます。文章をコピーしたつもりが、全消しをしてしまう事など日常茶飯事です。たまに目視で「Command」の位置を確認してからショートカットを実行する事もありました。

「Command」の位置が「option」もしくは、「Fn」の位置にあれば快適なのになと感じ、キーの配列を入れ変えられたら、スムーズに作業ができて快適なのだがと、モヤモヤしておりました。

解決策ーコマンドの配置の変更ー

キー配列の「command」「option」のキーボードの配列を切り替える事ができ、windowsで慣れたショートカットキーの利用ができる設定変更を見つけました。これで、私の長年のモヤモヤも解消です。以下に設定方法を記載します。

調べてみたら、アプリを使う方法もありましたが、今回は,macの標準機能内でできる設定方法をご紹介致します。

設定方法

1:「リンゴマーク」を選択し、「システム環境設定」を開く

2:「環境設定からキーボードを選択」

3:「キーボード」のタブを表示し、右下にある、「修飾キー…」を選択

4:変更したいキーボードを選択する

5:設定変更で【Option】に【Command】を設定

6:設定変更で【Command】に【Option】を設定

7:5、6の設定が完了したら、「OK」を選択し、変更完了

一度、テストとして何か文書を記載し、ショートカットキーを利用した時うまく動作した場合、切り替えの成功となります。

複数のキーボードを利用している場合、4で記載したキーボードのみにしか反映されていないため、他のキーボードに対しても、設定の変更が必要となります。
設定を元に戻したい時には、「デフォルト」に戻すを選択する事で、元のキー配列に戻すことができますので、初期配列に戻したい時にはこれを利用することで戻れます。私は、設定の変更がを間違えた時に一度元に戻す時に利用しました。

まとめ

macのキーボードの配列を変更する事で、windowsで慣れたキー配列の操作感を手に入れる事ができました。設定を変えた事で、誤操作をする事が減りモヤモヤも解消し快適にPC操作をしております。

macOSに変えたけど、ショートカットキーの配列に慣れず困っている方は一度、配列の変更を試してみては如何でしょうか。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-mac

© 2020 さんえんブログ