mac

使いやすいMacキーボード「Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac」の使用感

私はMacBookproを利用していますが、家で作業をする時には、クライムシェルモードや、デュアルディスプレイ状態での利用が多く、外付けのキーボードを利用する機会が多くあります。今回は、私が普段利用しているキーボード「Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac」の使い勝手について述べていきます。個人的には、使い勝手が良く、お気に入りのキーボードとなっています。

購入理由

Macのキーボードで利用しやすく、コンパクトなキーボードがないか探していましたところ、キーボードにテンキーが付いておらず、昔ながらの雰囲気を醸し出しているこのキーボードを見つけました。

このキーボードを実際に利用している方のレビュー等を読んでも、打ちやすく、カタカタ音を立てて打たせてくれるため、非常に打感が良いとのレビューを見つけ、これは私が求めていたキーボードだと思い、購入する事を決めました。

実際に利用してみた感想

良い点

タイピング感の残るキーボード

タイピングをする際に各キーを押して入力する感じです。そのため、しっかりとタイピングしている感じを掴みたい私にとっては、非常に打ちやすいキーボードと感じています。キーの打ち込みが深いのが嫌な方については、使いにくいと感じるところかもしれません。

テンキーがついていないためコンパクト

私が普段作業をしている机はお世辞にも広いとは言いにくいです。そのため、私の机の上に乗せられる広さのキーボードという事で、テンキーがついていないキーボードがコンパクトで良いと感じています。実際に購入した今回のキーボードは、非常にコンパクトで、机の上を必要最小限のスペースを占有する事で済んでいます。

タイピング時の角度がちょうど良い。

個人的には、タイピングをする時にキーボードにある程度の角度がついているものが非常に打ちやすいと感じています。このキーボードは、背面の爪を立てる事である程度の角度を出す事ができ、この時の角度が自分に対してタイピングしやすい角度となっております。

「横からのキーボード」

悪い点

利用をしていて、良いてんのみではなく悪い点も見えてきましたので、この部分についても述べていきます。

キーのタイピング音が想像より鳴りやすい

個人的にカタカタと音のなるキーボードーは自分が作業をしている感じを味わう事ができるため、非常に快適と感じますが、このキーボードのカタカタ音はタイピングをせず、キーの表面を触っただけで、カタカタ音を立てるため、もう少し音が鳴らなければ、良いと感じています。

Mac純正のキーボードからの移行後、少しタイピングの練習が必要

commandキーやスペースキーをMacBook純正のキーボードと比較すると、若干小さくなっています。これにより、Mac純正のキーボードを利用していた方が初めてこのキーボードを利用する場合、押し間違いをする事があります。私はもう慣れましたが、慣れる前は若干タイピングしにくく、感じていました。利用し始めた際には、タイピングのしにくさがあります。

「command(⌘)とスペースの比較」

(上:MacBookProキーボード)

(下:Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac)

まとめ

今回紹介したキーボード「Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac」は、コンパクトで、タイピングの感覚が個人的には気に入っているキーボードです。タイピング時の角度も丁度良いと感じています。一方で、使い始めにMacBookのキーボードと幅の違うキーボードが存在するため、打ちにくさを感じる事がありますので、打ち始めに嫌な感じを受ける方もいらっしゃるのではないかと感じます。

本キーボードに興味を持たれた方は一度購入を検討してみてはいかがでしょうか。


以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-mac

© 2020 さんえんブログ