mac

iMacとMac miniどちらを選ぶか?私の場合はMac mini

Macのディスクトップパソコンを購入しようとした時、プロ用の端末を選ばなければ、iMacかMacminiのどちらかの選択となります。今回、現時点でiMacかMac mini据え置き型の端末を購入するならばどちらが良いかについて述べていきたいと思います。

iMacか、Macminiのどちらを購入するかご検討中の方の参考となりますと幸いです。

iMacとMac miniの違い

スペックについては、メモリ、CPU、SSDの容量をカスタマイズすれば色々と違いがありますが、決定的に異なる点は大きく分けて以下の2の違いがあると考えています。

  • 周辺機器が一体型か分離型か
  • グラフィックボードが必要か

この違いについて説明をしていきます。

周辺機器が一体型か分離型か

iMacはディスプレイ一体型のパソコンとなっている。また、カメラ、スピーカーも内臓式になっている。付属品としてもキーボード、マウスが付いてくる。まさに、Macを初めて利用する方向けのパソコンと言えます。

一方で、Macminiは付属品は無く、ディスプレイ、キーボード、マウス、スピーカー等を自分で揃える必要がある。周辺機器がある程度揃っている方は良いと思うが、初めてMacを利用する方にはあまり向かないパソコンと言えます。

グラフィックボードが必要か

iMacはRadeon製のグラフィックボードが内蔵されており、動画編集や、高度な画像編集を行う、3Dゲームを行う人等に向いています。

一方、MacminiはIntel製のグラフィックボードを積んでおり、動画視聴、事務作業、文書作成等通常利用する場合にはこちらのグラフィックボードで十分な認識です。

私が現時点で購入するならばMac miniである。その理由

私がMac miniを選ぶ理由は以下2点となります。

  • 周辺機器が揃っている
  • グラフィックを必要とする作業をしていない

周辺機器が揃っている

私は、現在MacBookProを利用しています。この端末を利用する場合、家では周辺機器を揃えて作業環境を整えていました。そのため、現在の作業環境に置いて、MacBookProを利用している部分をMacMiniに変更するだけで利用できる環境が整っています。そのため、ディスプレイからキーボードマウスまで揃っているiMacを購入する必要は無いと考えました。

作業環境

グラフィックを必要とする作業をしていない

ここが私がiMacを選ばなかった最大の理由となります。現在のパソコン利用の用途として、ブログの更新やPage、Numberを利用した事務作業が中心となります。また、プログラミングの勉強を行う場合に利用するのみとなります。そのため、そこまでグラフィック機能を必要とする作業をしていません。

ここから、iMacの様にグラフィックを必要としないため、ディスクトップパソコンではMacminiで十分と考えました。

まとめ

ディスクトップパソコンでiMacとMacminiの特徴を比較した結果、グラフィックを必要とする処理や、周辺機器が揃っていない方はiMacを、周辺機器が揃っていてグラフィックを利用しない方については、Macminiを購入する事を進めます。

一度iMac端末を購入すると周辺機器が揃うため、次に購入する時にMacminiを購入するのもありだと思います。

自身のパソコンの用途と周辺機器を確認して購入する事がお勧めだと感じます。

本記事がiMacかMacminiの購入で悩まれている方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-mac

© 2020 さんえんブログ