mac

【Mac】Dockの設定を変更する方法

私は昔から、メニューバーの位置を左隅に設定しています。その癖で、Macを利用する様になってからも、左側にDockを寄せて利用しています。やはり使い慣れた位置にDockがある事で操作が非常にしやすくなっています。

今回は、MacでDockの操作をどの様に行うか操作方法をご紹介いたします。皆様の快適なMacの環境に活用できますと幸いです。

Dockの設定をする方法

Dockの設定を変更する方法は2種類あります。

1つ目が、設定画面から変更をする方法です。この方法は設定方法が一通りまとまっていますので、設定を確認しながら設定変更ができます。

2つ目がDockを触りながら変更をする方法です。この方法はDockを直接触りながら設定変更をする事ができます。

2つの方法について述べていきます。

1:設定画面からの変更

  • 「アップルマーク」⇨「システム環境設定」⇨「Dock」を選択する事でDocの設定画面を開く事ができます。この設定画面で操作を行います。

「アップルマークとシステム環境設定」

「Dock」

「Dock設定画面」

  • サイズを変更する

「サイズ」のバーをスライドさせるとDock全体のサイズが変更されます。自身の使いやすいサイズに変更する事が可能です。私の場合は、作業スペースをある程度確保したいため、サイズを少し小さめに設定をしています。これにより、作業中に大きく場所を取ってしまい、作業スペースが狭いと感じる事はありません。また、小さすぎてアイコンを押しにくいという自体が発生しない事から、最大の大きさから少し小さいぐらいのサイズを指定しています。

  • 拡大設定

「拡大」の設定を行う事で、Dockに設置しているアイコンを選択した時に選択したアイコンのサイズが大きくなります。この時の拡大される大きさの設定ができます。

「拡大設定」

私の場合は、この設定を切っています。アイコンが大きくなると自分がどのアイコンを選択しているか分かりやすいのですが、マウスをアイコンの上に持って行った時に選択中のアイコンの名称が表示されるため、自分が選択中のアイコンを把握する事ができます。そのため、自分には必要ないと考え、この設定をOFFにして利用しています。

  • 画面上の位置

Dockの画面上の位置設定を変更する事ができます。設定では、画面の左、下、右の3箇所のいずれかに設定する事ができます。この設定をする事で、自分の使いやすい位置にDockを配置する事ができます。

「左に設定」

「下に設定」

「右に設定」

私は、左側にDockを設置する事で操作がしやすいため、左側にDockを設置する事としています。

  • Dockをしまう

 Dockをしまう事で操作領域が増えて画面を広く使う事ができます。そのため、Dockをしまう場合は、「Dockを自動的に表示/非表示」という選択肢があります。これにチェックを入れる事で、Dockの設置場所にマウスポインタを持っていた時にしかDockを表示させない設定に変更をする事ができます。

「Dockの非表示」

2:Dockを触りながらの変更

1で紹介した設定をDockの設定画面からではなく、Dockを触りながら変更する事が可能です。この操作方法について紹介します。

Dockにマウスポインタを持っていき、マウスを右クリックします。すると、設定が表示されます。この設定の選択肢の中から、設定をしていきます。

「設定画面」

  • 自動的に非表示をオンにする/自動的に非表示をオフにする

オンにするとDockをしまうことができ、オフにするとDockを表示させる事ができます。

  • 拡大機能をオンにする/拡大機能をオフにする

拡大機能をオンにする事で、1で紹介した拡大設定を「拡大」とした時と同様にマウスポインタをDockのアイコン上に置いた時にアイコンのサイズを大きくします。オフにすると、マウスポインタをDockのアイコン上に置いても、アイコンのサイズを大きくする事はありません。

  • 画面上の位置

画面上の位置を設定する事で、Dockの位置を左、下、右に配置する事ができます。

「画面の位置設定」

  • Dockのサイズ変更

Dockを選択した時にマウスが左右矢印マーク「<->」になります。このマークになった時に左クリックをした状態で、マウスを移動させる事で、Docのサイズを変更する事が可能です。

まとめ

Dockは自分の利用しやすいサイズ、配置にする事で操作性が向上します。そのため、自分にあった設定を見つけてみるのはいかがでしょうか。試しに今回紹介した2つの方法どちらでも良いので、設定をいじってみてはどうでしょう。皆様の快適なMacのディスクトップ環境の構築に役立てますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-mac

© 2020 さんえんブログ