iPhone12でスマホリングの利用をするには必須??iPhone Magsafeホルダーベース

スポンサーリンク

iPhone12を購入してからというもの、片手操作をするためのスマホリングが欲しいと考えていました。

しかし、スマホリングを取り付けると、Magsafeの利用ができないという課題があり、片手操作を行うための方法を確立できない状況でした。

そんな中見つけたのが、今回ご紹介するiPhone Magsafeホルダーベースです。

「iPhone Magsafeホルダーベース」

磁器プレートとなっており、程よく協力な磁力が備わっており、iPhone12純正のケースやiPhone12に張り付き、片手で電源ボタンを押す程度の作業をした程度では剥がれない磁力で、安定感があります。

本記事がiPhone12でスマホリングを利用したい方の参考となりますと幸です。

私のiPhone Magsafeホルダーベースの利用方法

利用方法としては、iPhone Magsafeホルダーベースにスマホリングを取り付け、写真の様な形にして利用をしています。

「スマホリングを取り付けた画像」

iPhone Magsafeホルダーベースにしっかりとスマホリングが張り付いており、ちょっとやそっとでは剥がれません。

この状態のiPhone MagsafeホルダーベースをiPhone12用の純正ケースに磁力でくっつけて利用をしています。

「iPhone Magsafeホルダーベース利用シーン」

私はこの状態で約1ヶ月程度利用をしていますが、安定して利用ができています。

今回利用しているスマホリングは、以下のものを利用しています。

iPhone12純正ケースにiPhone Magsafeホルダーベースを取り付けてどの程度の安定感か?

とりあえず、iPhone12にiPhone Magsafeホルダーベースを取り付けた状態で縦にiPhone12を振ってみましたが、iPhone MagsafeホルダーベースとiPhone12が離れる事はありませんでした。

「縦振りの様子」

スマホリングを持った状態でiPhone12の電源を押しました。押した状態では背面から剥がれる事なく利用ができました。

「電源を押す様子」

総じて、よほどの力を加えなければ問題なく利用できるプレートとなっており、スマホリングとの相性も良く安定して利用ができるものとなっています。

個人的には普段使いには十分な強度であり、使い勝手が良いと感じています。

iPhone12に直にiPhone Magsafeホルダーベースくっつけた時どうなるか

普段私はiPhone12に直にくっつけた運用をしていないため、はっきりと使い勝手が良いとは言えませんが、純正ケースにくっつけた時と同様にして電源ボタンを押してみましたところ、iPhone12とiPhone Magsafeホルダーベースが離れる事はありませんでした。

そのため、サイドボタンの操作を片手で行う場合には、問題なく利用でき、普段使いが可能だと感じました。

「iPhone12とiPhone Magsafeホルダーベースの取り付け」

取り外しは簡単

ここまでiPhone Magsafeホルダーベースは安定してiPhone12とiPhone12純正ケースに利用ができると説明してきました。そのため、iPhone Magsafeホルダーベースの取り外しが大変というイメージを持った方がいらっしゃると思います。しかし、その心配は不要です。

写真の様にiPhone12とiPhone Magsafeホルダーベースの両方をある程度の力を入れ、引っ張る事で簡単に取り外しが可能となります。

「取り外しの様子」

取り外しができることの利点

iPhone MagsafeホルダーベースがiPhone12やiPhone12純正ケースから取り外しができる事で、Magsafe充電機能を潰す事なくスマホリングを利用できる利点があります。

私はiPhone12の充電をする際に時間がある時には、Magsafe充電を行なっていますが、スマホを充電器の上に置くだけで充電ができる事は便利だと感じます。

iPhone MagsafeホルダーベースをiPhone12やiPhone12専用ケースから取りはず手間はかかるものの、せっかくついている機能を潰す事無く、利用ができる事が良い点として考えています。

iPhone Magsafeホルダーベースの不便な点

iPhone Magsafeホルダーベースの不便な点としては、仕方の無い事ですが、取り付け位置が固定となる点です。

iPhone12やiPhone12専用ケースに仕込まれている磁力部分にのみに取り付けが可能なため、スマホリングの位置を使いやすいお気に入りの場所へ貼り付ける事ができません。

おおよそ写真の位置に固定となります。

「iPhone Magsafeホルダーベース取り付け位置」

できる事といえば、可能な限りiPhone Magsafeホルダーベース上でスマホリングの利用しやすい位置に寄せる事ぐらいです。

私が1ヶ月程度利用をして、スマホリングの位置は利用しているとだんだん使い方のコツをつかんできて不便さを感じなくなりましたので、人によっては問題とならないかもしれません。

iPhone Magsafeホルダーを無くしかけた話

ポケットに入れた時、ポケットの入り口部分にスマホリングが引っ掛かり、iPhoneMagsafeホルダーがiPhoneから外れてしまう事象が発生しました。

磁力でくっついているため、仕方のない事ですが油断をすると落としてしまう事があります。

外出先で落とした事に気が付きすぐに拾う事ができましたが、場合によっては、紛失するところでしたので、ポケットにiPhoneを入れて持ち運ぶ人には注意が必要です。

まとめ

iPhone12を片手操作する際に必要となるスマホリング。このスマホリングを利用する際にMagsafe機能を潰す事無く利用できる手段として、iPhone Magsafeホルダーベースは磁力が程よい強さで普段使いで支障が出ない便利なものだと感じています。

私は利用をして1ヶ月程度しかたっていませんが、これからも利用を継続したいと感じています。

私の様にMagsafe機能を潰さずにスマホリングを利用したいという方がいましたら、本記事が参考となりますと幸です。

以上です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA