iPad

iPadの便利な機能SplitViewの使い方

iPadOSでSplitViewが便利な機能ですが始めのうちは使い方が良くわからず、戸惑いがありました。だいぶ操作方法に慣れてきましたので、今回はSplitViewの機能の使い方について紹介を致します。

SplitViewの操作方法について私と同様に良く操作方法がわからないと感じている方の参考となりますと幸いです。

SplitViewとは

画面を2分割してアプリを立ち上げる事のできる機能です。2つのアプリを同時に立ち上げてiPadを利用する事ができます。画面の縦横関係無く利用する事ができます。

SplitViewの操作方法

SplitViewの表示のやり方

下部のDocから起動させたいアイコンを長押しし、そのまま起動しているタスクの左右どちらかの隅にドラック&ドロップをします。すると対象のタスクが画面を2分割して表示する事ができます。

※Docはアプリを立ち上げた状態で画面でiPadの下部を下から上に向け軽くスライドする事で表示されます。

「右端へのドラック&ドロップ」

「2分割表示(5:5の表示)」

分割の幅

分割は画面を5:5で分割するものと7:3(3:7)で分割する事ができます。分割幅を調整をする時には、2つの画面を分割している分割線の中央のバーを選択して長押しします。

「中央線」

その後、左右好きな方向へ移動させる事で分割ができます。バーの位置を中央にすると5:5ですし、左右へ移動させると、7:3(3:7)の画面幅となります。

「7:3表示」

SplitViewの解除方法

2つのタスクが起動している所の中央を選択し、削除したいタスクの方向に中央の分割線を寄せます。するとタスクが削除されます。

「SplitViewの解除」

分割線をうまく選択できない時があります。そんな時には、一旦アプリケーションを中止して再度立ち上げ直す事で解除されます。

iPadAirの場合はアプリが立ち上がっている状態でホームボタンを押し、その後、ホームボタンをダブルクリック、タスクを表示します。タスクの表示後にタスク一覧から対象のタスクを削除します。その後、起動したいタスクを再度立ち上げる事で解除されます。

SplitViewを利用して便利さを感じる所

アプリを2つ広げて作業ができる事から、便利さを感じる場面が複数あります。

動画を視聴しながら作業できる

私が作業をする際に良く動画を流しながら作業をすることが多いのですが、このSplitViewを利用する事で、iPadでも動画を流しながら作業をすることができる様になりました。

他のアプリから編集を加えて素材の取得できる

資料作成中にSplitViewで画像フォルダを開き、画像編集しそれを取得して文章に貼り付ける事ができます。これにより、画像に対して情報を付与する作業をした上で資料に反映させる事ができます。

SplitViewを利用する事で不便になる事

画面が分割されるため、作業スペースが小さくなってしまう

画面上に2つのアプリを立ち上げるため、画面の幅がどうしても小さくなってしまいます。そのため、作業スペースが小さくなります。作業スペースを確保したい作業を行う場合はこのSplitViewは利用しない方が良いと感じました。

Docに登録しているアプリしか立ち上げられない

当然ながら、Docに登録しているアプリ以外をSplitViewで立ち上げる事ができないため、事前の準備としてSplitViewを利用したいアプリをDocに登録しておく必要があります。これが少し手間となりますが、一度登録するだけで完了しますので、利用したいアプリをDocに登録する事を忘れないようにしましょう。

まとめ

最初のころは操作方法が良くわからず、できないと思っていたSplitViewの操作方法でしたが、慣れると簡単に操作する事ができる様になります。作業に対して2つのタスクを同時に立ち上げる事は作業をするうえで効率的と感じています。

今後はもっとSplitViewを使いこなせる様になっていきたいと感じています。

本記事がSplitViewの使い方がわからない方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-iPad

© 2020 さんえんブログ