iPad

収納の多いInateckのiPadフェルトケースが持ち運びに便利

iPadを保管する際にApple純正のキーボードケースではiPadの背面が露出してしまい、気になっています。そこで今回スリーブケースを利用する事で保存の際に気になる露出を抑える事としました。今回は私が購入したInateckのスリーブケースをご紹介します。使い勝手が良く、iPadを保管する環境として良いと感じています。また、デザインも持ち出しやすいものとなっています。

スリーブケースをお探しの方は一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

購入した理由

私がInateckのスリーブケースを購入した理由として、以下の2点が挙げられます。

iPadの背面をカバーできる様なケースが欲しい

私はiPadを利用する時にはなるべく重量を増やしたく無いと考えています。そのため、背面にさらにケースを取り付ける事はしたくありませんでした。しかし、保管時に背面が露出しているところが気になっていました。

本ケースは、iPad全体をしまう事のできるスリーブケースであり、利用時以外で背面の露出を気にする必要が無いと考えましたがました。

iPadを気楽に持ちはこべる様なデザインのケースが欲しい

移動時にiPadを持ち運ぶ際にiPadと財布とスマートフォンのみを持ち運び、出先で作業をしたいと考えていました。そこで、気楽にiPadを持ち運べるケースが欲しいと考えました。本スリーブケースは、フェルト素材でデザインも良く、持ち運びやすそうと考えました。

「スリーブケース」

使ってみた印象

実際に購入をしてみて単体で持ち運びのできる良い製品であると感じています。

ポケットが多い

ポケットが多くあり、多くのものを収納できる事が良いと思います。私は、iPadとApple Pencilを入れる程度の利用としていますが、ちょっとした小物を入れて持ち運ぶ事もできます。

ポケットはスリーブケースの前面のカバーを開けるとポケットが2つあります。

「前面のポケット2つ」

また、本体の裏面に2つポケットがついています。

「背面のポケット2つ」

このケース単体で持って出かける時には、最前面のポケットに折りたたみ財布とApplepencileを入れ、メインポケットにiPad、背面にiPhone8を入れて持ち歩いています。

メインポケットは布でできている

複数のポケットがありますが、メインポケット以外はフェルト素材のポケットとなっています。しかし、メインポケットは布でできていおり、iPadを傷つける事無く保管できそうです。

「メインポケット内側」

単体で持ち運んでも良いデザイン

デザインについては期待をした通り、フェルト製の落ち着いた色合いの製品となっていました。そのため、単体で持ち運んでも問題の無い色合いとなっており、個人的には気に入っています。時実際に喫茶店へこのケースとiPadを持って出かけました。

気になった所

収納物にフェルトの毛が付く事がある

メインポケット以外の部分の内側がフェルトになっています。Apple Pencilを入れて保管をしていたところ、ケース内側のフェルト部分の毛がついてしまいました。個人的には気にならない程度なので、問題は無いと感じています。

「フェルトのついたApplePencil」

まとめ

フェルト製のスリーブケースを購入しました所、使い勝手が良く、単体の持ち運びも十分にこなしてくれる良い製品だと感じています。また、iPadを保管するのには十分な役割を担ってくれる製品だと感じています。今後どんどん使っていきたいと思います。

本記事がiPadの保管環境として、スリーブケースを検討されている方の参考となりますと幸いです。


以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-iPad

© 2020 さんえんブログ