【2021年版】後悔しないためのiPadの選び方

スポンサーリンク

iPadモデルは複数出ており、どれが自分に向いているかiPadの選び方は難しくなっています。そのため、特徴を捉えていないと、自分に向いていないiPadを選ぶ事ができず、買ってから後悔する事がになります。

私自身過去にiPadAirを購入して自分に合っていない事に気が付き、iPadminiに買い替えをしています。

頻繁にiPadを買い替える事はなかなかできないため、各iPadの特徴を知り自分の利用用途にあったiPadを選ぶ事で後悔のないiPadの購入ができると考えます。

本記事では、各iPadのモデルの特徴を記載し、利用用途別に端末の記載をしますので、皆さんのiPad選びの参考となりますと幸いです。

Wi-Fiモデルを購入するか、セルラーモデルを購入するか悩んでいる方がいましたら、私の体験から、どちらが良いかまとめた記事を作成していますので、そちらをご覧ください。

iPadはセルラーモデルかWi-Fiモデルかどちらを選ぶか

各モデルと利用用途の概要

iPadの種類利用用途
iPadPro動画編集をしたい
本格的なイラスト作成をする
画像編集をしたい
広い画面操作が必要
iPadAir軽い文章作成をしたい
絵を描きたい
安定してゲームをやりたい
iPadmini外出先でiPadを利用したい
メモ書きをしたい
雑誌・漫画・書籍を読みたい
iPad動画を視聴したい
雑誌・漫画・書籍を読みたい
iPadを使って勉強をしたい
iPadの種類と利用用途概要

各モデルのスペック

スペックiPadProiPadAiriPadminiiPad
画面サイズ11インチ
12.9インチ
10.9インチ7.9インチ10.2インチ
ロック解除方法FaceIDTouch IDTouch IDTouch ID
ApplePencile第2世代第2世代第1世代第1世代
利用可能
キーボード
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
-Smart Keyboard Folio
充電端子ThunderboltUSB-CLightningLightning 
プロセッサM1A14A12A12
HDD容量128GB
256GB
512GB
1TB
2TB
64GB
256GB
64GB
256GB
32GB
128GB
各モデルのスペック

AppleのフラグシップモデルiPadPro

iPadProは高スペックの端末です。搭載しているプロセッサは、MacBookに搭載しているM1チップを採用しています。

そのため、iPadでできることのほとんどをこなす事ができる端末です。

プロ仕様の端末の印象が強く、この端末を使いこなせる人はごく限られた人になるでしょう。

動画編集、本格的な画像編集をiPadで行いたいという方で、スペックをある程度必要とする場合に必要となる端末です。

動画編集でいけば、Luma Fusion、iMovie 等アプリがあります。画像編集ソフトでは、Lightroom等が挙げられます。

画面サイズが12.9インチというiPadの中では最大の大きさを誇ります。そのため、大画面での操作をしたい方にとっても活用できるiPadです。

バランスの良いiPadAir

iPadAirはバランスの取れたiPadです。

価格は約7万円からの購入が可能となります。

ApplePencile2に対応し、MagicKeyBoardも利用できます。

iPadProは価格的に入手が難しいが、軽い文章作成でMagicKeyBoardを利用したい方や、お絵描きをしたい方にとっては、十分なスペックの端末となります。

容量についても、256GBを選択する事でデータを保存するために十分な容量を確保する事が可能です。

端末自体もWi-Fi+Cellerモデルで、460gと軽く、持ち運びにも適している端末です。

持ち運びがしやすいiPadmini

サイズがiPadの中で最も小さく、持ち運びに適したiPadです。

iPhoneのサイズを大きくした様なiPadとなっており、利用用途としてiPhoneとかぶるところが多くあります。

しかし、iPadminiの方がiPhoneよりもサイズ感が大きく、快適にブラウジングや、コンテンツの閲覧が可能です。外出先でもコンテンツ消費をする方におすすめです。

また、ApplePencileを利用する事で、手書きでメモを残す事ができ、手帳代わりに利用する事ができます。

初めての方におすすめiPad

価格として3万円台から購入する事ができるiPadを初めて利用する方にとっては、導入しやすいiPadになります。試しにiPadを利用してみたい方や、軽い利用を目的としている方におすすめです。

iPadのみでも動画の視聴、雑誌や漫画の閲覧等も可能ですので、コンテンツ消費をする事を目的としている方にとっては使いやすい端末となります。

最大容量が128GBと小さい事から、コンテンツ多数溜め込む事ができないため、ライトユーザー向けのiPadであるというところです。もう少し容量が必要な方はiPadAirやiPad miniの購入を検討しても良いです。

注意点

iPadはスペック的にはパソコンに近づいてきています。

MacBookProとiPadmini

しかし、まだまだできる事はパソコンよりも少ないと感じます。

ファイルの管理や利用できるアプリケーション数はパソコンの方が多く、パソコンの代わりにはならない端末だと感じます。

今後のiPadOSのアップデートにてよりパソコンに近づく事は期待できますが、現時点ではまだまだパソコンを超える事は難しいと感じますので、パソコンとiPadの購入で悩んでいる方については、パソコンを購入する事をおすすめします。

まとめ

iPad選びの参考として、各iPad端末の特徴と利用用途についてまとめました。

そして、どんな方がどのiPadの利用に向いているか私の考えをまとめました。

私はiPad Airを初めてのiPadとして購入しましたが、持ち運びを重視する場面が多く、iPadminiを選び利用しています。

私の様に実際に利用してみないと分からない事もありますが、購入前にイメージを持っている事も重要だと考えます。

本記事を読んでiPadの購入前のイメージを持っていただくための参考となりますと幸いです。

また、皆さんにとって後悔の無い、iPadの選びができますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA