ガジェット

ケーブルをまとめるガジェットケースとしても使えるリヒトラブのペンケース

「リヒトラブ ペンケース ブックタイプ」がケーブル類を収納するのに非常に役立っています。今回はこのペンケースの使い方の紹介をさせていただきます。

ペンケースだけどコード類の収納ができる

パソコン、カメラ、スマホこれらを利用する際に必要となるのが、コード類です。出かける際には、これらをまとめて持ち運べる状態にしたいと思うものです。コード類は持ち運ぶツールの数だけ必要となりますが、これらを収納しようとするとある程度の大きさと収納力が必要となります。今回ご紹介する「リヒトラブ ペンケース ブックタイプ」は、ペンケースであるため、仕切りがあり、ケースの中身を確認すると、ケース内のネットが存在しています。これだけの仕切りとネットが存在する事で、私が普段まとめておきたいと考えているiPhoneやMacBookのコード類をまとめる事ができました。

収納スペース

ポケットが2つです。

ポケットのうち1つはネット上に仕切られています。

「ネット収納スペース」

もう一方のポケットには仕切りがあり、収納スペースが2箇所に区切られています。

「区切りでの収納スペース」

実際の収納

コード類をまとめる事ができており、このペンケース一つを持っていく事で、ケーブル類をひとまとめにして持ち運ぶ事ができます。ご参考までにどこに何を収納しているかを紹介します。

ケースの外側にはよく利用をする付箋を挟んでいます。

ケースの外側には、モバイルバッテリーを収納しています。

その隣には、小さめのケーブルとiPhoneの充電ケーブルを収納しています。

中央のスペースには、デジカメのケーブルを収納しています。

外側には、MacBookproのケーブルを収納しています。

まだ収納スペースとして余っている部分がありますが、おおよそ私が持ち運びたいコード類を収納する事ができました。また、ケースを締めると今回入れたケーブル類で容量は丁度良い状態でしたので、ちょっとしたケーブルを入れる余力がある程度と考えています。

「ケーブルを詰めた時の幅」

使いごこち

前述の通り必要となるケーブル類を十分に収納する事ができました。そのため、満足していると言えます。一方で、幅をとるとも言えるため、スマートに持ち運びをしたい方にとっては、使いにくいケースかもしれません。

ケースのポケットが2箇所に分かれている事から、分割してケーブル類を運ぶ事ができ、整理をしやすいケースとして考えています。

まとめ

ケーブル類をまとめるために利用するケースとしては十分な容量と、十分な機能を持っているケースだと考えています。このケースを利用した事で、かさばっていたいたケーブル類を一つにまとめて運ぶ事ができる様になりました。

ケーブルの持ち運びに悩んでいる方は一度、「リヒトラブ ペンケース ブックタイプ」を利用してみてはいかがでしょうか。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ガジェット

© 2020 さんえんブログ