AirTagを購入しなかった話

スポンサーリンク

AirTagがAppleから発売されました。

私は身の回りのものが気づいたらApple製品ばかりになっており、今回AirTagが発売された際、Appleの新たなプロダクトのため、購入しようか検討をしました。

散々迷った挙句、購入しない事としました。

今回は、私がAirTagを購入しなかった理由について述べていきたいと思います。

AirTagの購入を検討されている方の参考となりますと幸いです。

AirTagとは

AirTagとは一言で言うならば、「探しものを発見するためのタグ」です。

これでは何の事かイマイチだと思いますので、もう少し詳しくすると、AirTagから特別なBluetooth信号が発進されており、この信号を受け取ったデバイスがAirTagの位置情報をiPhone等のデバイスに飛ばし、タグの位置を伝える仕組みとなっています。

Appleではこのネットワークを「探すネットワーク」と呼んでいる様です。

通常は、鍵やリュック等に取り付けて紛失時に取り付けているタグを探す事で、無くしたものを発見する事ができます。

AirTag発表時にはワクワクした

AirTagが発表された当初は非常にワクワク感がありました。

Appleの新しい製品であり、どんなものか使ってみたいという興味です。

実際に使ってみると今までになかった新たな発見があるのではないかと楽しみになっていました。

また、Appleのことだから、今後も新しい展開が待っているのではないかという期待感がありました。

現状の自分には必要ないという気づき

使ってみたいという気持ちが先行していたため、なかなか気づきにくいのですが、自分には必要あるものか?と言う疑問を持ちました。

そこで考えた事として、以下の様な内容があり、これらの理由から今回の購入は見送る事としました。

そもそも外出をあまりしないため無くしものができない

出先で無くしものをすると言っても最近はご時世的に外出をあまりしなくなりました。

出かけても近所のスーパーに徒歩で行くくらいです。

そのため、現状ものを無くす可能性が低いと感じています。

AirTagを何につけるか問題

個人的に取り付けるならば、普段自分が利用して無くして困るものに取り付けると考えます。

鍵、財布、鞄と言うところです。

しかし、これらのものは大体まとめて持ち歩いており、単体で持ちあることがありません。

そのため、取り付けるとしたら鞄のみで充分であり、活躍のシーンが少ないのではないかと感じます。

自分にとってAirTagは保険の役割にすぎないと感じた

「AirTagを何につけるか問題」に記述した様に鞄に取り付けた場合、なかなか無くす事はありません。

そのため、AirTagを購入したとしても、保険としての役割にしかならないと感じました。

個人的には、保険のためにAirTagを購入するのはどうだろう?と疑問が残ります。

そのため、今回はAirTagを購入する事はやめました。

まとめ

Appleから発売されたAirTagについて、Appleの新しい製品である事から使ってみたい思いが強くありましたが、自分にとって必要なものではないと感じ、購入をやめました。

今回の意見は、あくまでも現時点での意見となり、今後のAppleがAirTagを用いて面白い事をしたり、自分の状況が代わりAirTagが必要になったりしたら購入を検討したいと考えています。

今回は、Appleの新製品AirTagを購入しようとしたけれどやめた理由を記事にまとめました。

本記事がAirTagの購入を検討されている方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA