家のIOT化はじめました NatureRemominiの導入

スポンサーリンク

最近、家のIOT化をはじめました。

IOT化する事で毎日ルーティン的に行っていることを自動で実行させることが可能となります。

例えば、朝起きる前に暖房器具をつけて、夜寝る前に暖房器具を消す作業これを時間指定に操作できます。

また、起きる時間に照明の電源を自動で入れること、寝る前に自動で照明を消すことができます。

自動化させるとなると専用のクーラーや照明器具が必要と思いがちですが、そうではなく、NatureRemominiを利用する事で、備え付けのリモコンのある照明器具やクーラーを自動操作に切り替える事のできます。

今回は、スマートリモコンと呼ばれるNatureRemominiの紹介をします。

家のIOT化を行いたいけど何から手をつけたら良いか分からない方の参考となりますと幸いです。

IOT化とは何か

家にある家電がネットワークにつながり、いつでもどこでも家電を操作できる環境を実現することがIOTとなります。

例えば、出先からエアコンを消し忘れたからスマートフォンから消したり、家に近づいたら電気をつけたりと家電がネットワークに繋がる事で遠隔からの操作が実現します。

これにより、生活の中で電気代の節約ができ、必要な時に必要な電気の消費を行えます。

スマートリモコンNatureRemominiとは

スマートリモコンとは、既存の電化製品で赤外線のリモコンを利用する家電をスマートリモコンに記憶させ、赤外線で操作するツールとなります。

古いクーラーや、照明器具にも対応をしており、使い勝手の良い製品となっています。

NatureRemominiはこのスマートリモコンに属するツールで、小型のものとなっています。

「サイズ感マジックマウス対比」

NatureRemoには、シリーズがあり人感センサ、湿度センサ、温度センサといったセンサがついているものがあります。

NatureRemominiは最小構成のもので赤外線家電の操作と温度センサがついているツールとなります。他にもGPSとタイマー機能が使えます。

「NatureRemomini」

NatureRemominiを購入した理由

リモコンをスマートフォンに集約できる

NatureRemominiはスマートフォンに専用のアプリを入れる事で、操作ができるようになります。

NatureRemominiは導入前にあった複数のリモコンをNatureRemominiに登録するのみで、スマートフォンに家電操作を集約する事ができます。

必要となるリモコンを探すこと無く、スマートフォンで操作できる点が非常に便利と感じ、NatureRemominiを導入しました。

「リモコン」

出先から家電の操作ができる

NatureRemominiはwi-fi接続をしています。

これにより、出先からスマートフォンの操作で家電の操作ができるようになります。

例えば、出先で家の電気を消し忘れに気づいた時や、エアコンを切ったか不安な時、NatureRemominiを操作する事で、出先から家電の電源のON/OFFが可能です。

私はよくエアコンの電源を消し忘れ、会社に行くことが多いので、出先から家電の操作ができる点が消し忘れの対策となりますので、便利だと感じています。

「NatureRemominiとスマートフォン」

使っていて便利なタイマー機能

実際にNatureRemominiを利用して、購入した理由に書いた点でも活躍をしてくれていますが、タイマー機能が役に立っています。

私はよくスマートフォンを触っていて寝落ちをすることがあります。

そのため、朝まで照明がつけっぱなしなんて事が多々ありますが、NatureRemominiのタイマー機能を利用する事で、毎日決まった時間に照明をOFFにしてくれています。

朝起きる際に部屋が冷えているとなかなか起きるのが辛いなんて事もありますが、NatureRemominiのタイマー機能を利用すると、事前に朝起きるよりも前にエアコンが起動して部屋を暖めてくれます。

これは、寝起きがよくなり、助かっています。

タイマー設定はNatureRemoのアプリ画面で設定ができます。

事前に家電の起動タイミングを設定しておくことで、時間になると家電が自動で起動してくれます。特に、複数の時間を設定できる点が便利な機能だと感じています。

「タイマー機能設定済み画面」

GPS、温度センサが便利そう

私はまだ利用できていませんが、GPS機能や温度センサ機能も便利そうだと感じています。

GPS機能の使い方の検討

GPS機能では、スマートフォンのGPS機能をONにした状態で、家に近づいたとき事前に決めた距離内に入ったら、自動で家電をONにしてくれる機能となります。

夏や冬に会社帰り、家に帰り着く前にエアコンを稼働させ、家の中を適温にしてくれていると過ごしやすく、便利だと感じます。

温度センサ

温度センサを利用することで部屋の温度を一定温度に保つことが可能となります。

これにより、過ごしやすい環境作りができると考えています。

個人的には、26度ぐらいを常にキープできる環境となると良いと考えています。

NatureRemominiはwi-fi2.4GHz 800Mbps対応

NatureRemominiは既存のルーターを利用すればよいというわけではなく、決まった規格にしか対応していません。

その企画が、2.4GHz 800Mbpsとなります。この規格でないと通信が行えわれないので、注意が必要です。

私は自分の家のwi-fiが対応していなかったため、ルーターを買い替えました。

「買い換えたルーター」

購入を検討されている方は自分の家のルーターがこの規格に対応しているか確認が必要となります。

まとめ

家電をスマートフォン一括管理ができる環境を構築したくて、NatureRemominiを購入しました。

実際に利用してみて、自動で家電が操作される事は便利だなと感じています。

NatureRemominiはスマートスピーカー等とも連携ができますので、今後、対応のスマートスピーカーを導入しても良いなと感じています。

また、電源アダプター等、便利なスマート家電がありますので、これらを導入した際には紹介をしたいと思います。

本記事が家のIOT化を行いたいけど何から手をつけたら良いか分からない方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA