ブログ運営

ブログ本格稼動1ヶ月程度のサイトがGoogleAdSens合格した時の取り組み

さんえんブログがGoogleAdSensの審査を通過する事ができました。今回は、GoogleAdSens審査通過に向けて実施した事について記事をまとめます。何度も審査を依頼し、一つ一つ改善を重ねた事で何とか審査を通過する事ができました。途中で何をしたら良いかわからなくなる事もありましたが、挫けずに挑戦できて良かったと感じています。

現在、GoogleAdSensに挑戦中で何を改善したら良いかわから無い方、これからGoogleAdSensの申請をしようとしている方の参考となりますと幸いです。

GoogleAdSens審査通過時の状況

GoogleAdSens審査通過時の状況を以下にまとめます。

  • 10記事:(申請時には8記事程度申請中に2記事追加)
  • ワードプレスを利用
  • テーマ:cocoon
  • 合格までの審査回数:8回
  • 初申請から何日で合格したか:24日間
  • 合格通知をもらった曜日:日曜日
  • 合格通知をもらう際は申請してから何日経過したか:2日程度

各回の審査結果と取り組み

初回申請「プライポリシーに反している」

 さんえんブログを申請した初回のgoogleからの回答は、プライバシーポリシーを満たしてい無いとの事でした。とはいうものの、結局、何を変更して良いかわからなかったので、先人の方々の知恵に便りました。他のブロガーさん達が何をしたのかの調査です。

 調査の結果、基本的にプライバシーポリシーを設置してあり、googleの定めるプライバシーポリシーにあっているかいう事でした。そこで、さんえん ブログのサイトに設置してある、プライバシーポリシーの書方でいけないところはないか、他のブロガーさんの記事を参考にして修正をしました。

 余談ですが、他のブロガーさんの「GoogleAdSens合格」といった記事を出されている方がいますので、この方々の記事を読みました。その中で、おすすめのテーマに「cocoon」が出てきました。googleのseoにも強く、広告の貼り方も簡単という記事を読み、今後のブログ運営の負荷を減らす事ができるため、このテーマ良いじゃないかと思い、即時にテーマ変更をしました。

 ここでやって再申請の依頼しました。結果は不合格でした。しかし、内容がプライバシーポリシーについての違反では無くなっていました。これは大きな進歩でした。

2回目申請以降「価値のない広告枠(コンテンツの複製)」-記事の修正-

 プライバシーポリシーの違反から脱却しましたが、残り6回の申請全てが「価値のない広告枠」でした。

 数回の申請は、他のブロガーさんの修正内容を参考に自分のブログの内容も修正をしていました。たとえば、アイキャッチの無い記事にアイキャッチを入れる他の方と類似する様な記事は一旦下書きに戻す等の対策です。しかし、どの対策をしても、対策となってい無い様で、「価値のない広告枠」と返って来ます。

 2回ほど、このやり取りをしていて気づいた事で、何がいけ無いのかわからず、途方に暮れ5日間ほど放置しました。その後改めて、指摘内容を確認したところ「コンテンツの複製」と書かれている意味は何かと言う事を考えました。

コンテンツの複製であるため、記事の内容が他のブロガーさんの記事と被っているのかなと考え、「コピペチェックツール」を利用して複製した記事は無いか、記事一つづつの内容を確認と修正しました。その後、GoogleAdSensへ申請をしました。4回目、5回目、6回目の申請では記事の内容の書き直しをひたすら行いましたが、結果は相変わらず、「価値のない広告枠」です。

7回目申請「価値のない広告枠(コンテンツの複製)」-404エラー対策-

 7回目の申請の時に本サイト一度データが飛んでおり、サイトを作り直していた事に気がつきました。そこで、404エラーが大量に残っているに気づきました。この時、googleの検索結果がどうなるかを確認した所、予想通り大量の404エラーの記事を発見しました。この404エラーを対策として、「XML Sitemap Generator 」というプラグインを投入。404エラーが発生するwebページをホーム画面へリダイレクトする様にしました。

「404エラー参考画像」

 結果、1次審査に合格し、「アカウントを有効にしましょう」のメールが届きました。ここに入力し、待ちました。これは今回審査通過したでしょうと考えておりました。しかし、甘かったです。結果は、「価値のない広告枠」という通知でした。

 自分のサイトの記事に404エラーが含まれてい無いか確認した方法として、google検索バーに次の文字列を入力します。「site:*****.***」(※****部分は自分のサイトのURL)この検索結果の一覧に表示されたwebページが自分のサイトに紐づくwebページとなります。私の場合、このサイトの検索結果で404エラーが多く発生している事に気づきました。

8回目申請「価値のない広告枠(コンテンツの複製)」-キャラクタ画像-

 8回目の申請前に、ふと自分のサイトのイメージキャラクタを見ました。このキャラクタ私が、keyの図形で人型を描いたものです。(※画像はコンテンツの複製に引っかかるといけ無いでの、掲載はしません。)

 「こんなキャラクタ、いっぱいいるでしょう。」と思いました。この時、このキャラクタを消して申請しようと考えました。サイト中にいるこのキャラクタを削除しました。また、削除した画像のURLは404エラーになら無い様にリダイレクト設定しました。ヘッダーの絵は自分で書いた絵に置き換えました。この結果、見事審査を通過のメールを頂きました。

 おそらく、このキャラクターが何かの画像と類似していた事が「複製したコンテンツ」と捉えられていたのでしょう。

 審査通過のメールを頂いた瞬間、嬉しさと共に、今後のブログ活動を頑張って読者の人に役立つ有効な記事をかける様、頑張ろうと思いました。

まとめ

 私の場合、GoogleAdSensからの「価値のない広告枠」と記載されている中の「複製したコンテンツ」の審査で引っかかり、原因の特定に時間がかかりました。

 google AdSenseからのメールに記載されている内容が自分のブログのどこに当たるのか探す事は非常に大変です。そのため、挫折しそうになりましたが、挫けずに一つ一つ思い当たる点を改善をしていく事で審査に通過する事ができました。

 さんえん ブログでは、キャラクター画像と404エラーで審査を通過できていなかった感じています。

 本記事が、google AdSenseの審査中の方、やこれから審査を受けようとお考えの方の参考になりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ブログ運営

© 2020 さんえんブログ