iPadminiに合うキーボードを考える

スポンサーリンク

iPadminiはiPadAirやiPadで利用できるようなスマートキーボードがありません。

そのため、iPadminiでタイピングを行う場合、キーボードを別途用意する必要があります。

キーボードを用意する際に考えた事を整理しましたので、本記事で紹介します。

本記事がiPadminiに合うキーボードを探してる方の参考となりますと幸いです。

iPadminiと合わせて利用すると使いにくいと考えるキーボード

まずは私が考えたiPadminiと合わせて利用した時に使いにくいと考えたキーボードについて紹介します。

基本的には、持ち運びでかさばるサイズ感のキーボードが利用しにくいキーボードだと考えています。

iPadminiよりも大きく重いキーボード

せっかく、サコッシュ等の収納容量が少ない鞄にも収納できるiPadminiですが、キーボードを持つ事で、収納容量が少ない鞄に収まらなくなり、鞄が大きくなるとそもそも小型端末の意味がなくなります。

重いキーボードについても、iPadminiよりも重いキーボードとなると、持ち運びの際にiPadminiの軽さが失われるという事で、iPadminiを持ち運ぶ意味がなくなってしまいます。

そのため、iPadminiよりも大きく、重いキーボードはiPadminiとセットで持ち運びにくいと考えています。

テンキーレスのキーボードでも持ち運びに適さない

例えば、HHKBProfessionalHybridType-Sは打鍵感が良いですが、持ち運びには適していません。

小型ですが、iPadminiよりも大きなサイズとなります。

「HHKBProfessionalHybridType-SとiPadminiのサイズ比較」

また、重さについても、iPadmini(311.5g)よりもHHKBProfessionalHybridType-S(592g)の方が重いです。

この重さは、iPadminiを3台持ち運ぶ感じになります。

これでは、折角の小型で軽い端末で持ち運びができるという利点が失われ、小型で重いとなります。

そのため、不向きとなります。

「iPadminiの重さ」

「HHKBProfessionalHybridType-Sの重さ」

以前購入したLogicoolのキーボードも適しません。

サイズ感がiPadminiよりも大きいです。

大きいサイズのキーボードとなると、iPadminiを運ぶ際に荷物が増えます。

「logicoolのキーボードとiPadminiの比較」

ここから、テンキーレスのキーボードでも、サイズ感がiPadminiよりも大きくなるキーボードはiPadminiとの持ち運びに適さないと言えます。

持ち運びに適するキーボードとは

iPadminiが小型な端末であるため、コンパクトになるキーボードが良いと感じます。

また、持ち運びの際にiPadminiよりも軽いキーボードが良いと感じます。

キーボードが小さすぎると、タイピングがしにくくなるため、タイピングのキーはテンキーレスのキーボードと同様のサイズ感があると良いと考えます。

折り畳みキーボードが良い

折り畳みのできるキーボードであれば、テンキーレスのキーボードと同様のキーサイズを確保する事ができます。

また、持ち運び時のサイズ感がiPadminiより小さくなります。

充電式のものであれば、キーボード内に電池を入れる必要がないため、その分軽くなり、利用ができます。

ここから、充電のできる折り畳みキーボードが条件を満たしていると言えます。

折り畳みキーボードについても種類は豊富ですので、私の用途にあっているものを選択したいと考えています。

まとめ

今回は、iPadminiに合うキーボードを検討しました。

検討結果として、折り畳みキーボードでバッテリー充電ができるものが良いという結論に達しました。

今後、折り畳みキーボードを購入して利用感等を紹介したいと思います。

本記事がiPadminiに合うキーボードを検討されている方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA