iPad

iPadのスマートキーボードの購入に向く人ってどんな人???

iPadの購入と合わせてスマートキーボードの購入を考えている方に対し、実際にスマートキーボードを購入して利用していて、スマートキーボードでなくても良いと感じる場面がありました。私が数ヶ月スマートキーボードを利用していて、スマートキーボードは出先でタイピングをしたい方や、荷物を減らしたい方に向いていると感じました。

本記事は、私がスマートキーボードを数ヶ月利用してどういった人にスマートキーボードの利用が向いているかを主観で考えた事をまとめています。

本記事が、スマートキーボードを購入を検討する方に対し、購入検討の一材料になりますと幸いです。

スマートキーボードを購入した理由

私がスマートキーボードを購入した理由として、iPadでブログの下書きをしたいと考えたためです。下書きをするために、page、メモアプリで記事の下書きをして、パソコンに移して本書きをするようにしています。下書きをするためにはどこで文書を書く事ができるためには、持ち運びができるキーボードがあった方が効率的であると考え、購入をする事としました。

「スマートキーボード装着iPad」

スマートキーボードの利用シーン

実際に予定していた通り、外出先での文書作成については、非常に役立っています。特にBluetoothキーボードを利用する事が難しい場所でタイピングを行う場合には場所の省略化ができ、使い勝手が良いと感じています。

スマートキーボードでなくてBluetoothキーボードでも良いかも

先ほど「スマートキーボードの利用シーン」でBluetoothキーボードを利用できない場所で利用する事が良いと書きましたが、Bluetoothキーボードが使えないという場面がなかなかありません。そのため、荷物にならなければ、Bluetoothキーボードを利用する事で十分だと感じています。

小型のBluetoothキーボードは探せば色々ありますし、持ち運びに対して薄いBluetoothキーボードは以前紹介した「Logicool K380」等あります。普段利用しているBluetoothキーボードがあれば、普段のタイピング感覚でタイピングができるBluetoothキーボードを持ち運ぶ方がキーボード普段のキーボード感覚でタイピングができるため、快適な作業環境を構築できると考えます。

「Logicool K380」

結局スマートキーボードはどんな人に向いているのか

iPadで直ぐにタイピングがしたい人

スマートキーボードはケースにキーボードがついているモノとなります。そのため、iPadをそのまま持ち運んで瞬時にキーボードを取り出して、iPadでタイピングをしたい方が主に向いていると考えます。Bluetoothキーボードの様に電源を入れて接続をする手間が惜しい方には、是非、スマートキーボードを利用して頂きたいと思います。やはり、iPadを開いて直ぐにタイピングができる環境があるだけである程度のストレスを減らす事ができると考えます。

「スマートキーボード」

iPadを頻繁に持ち運ぶ人

iPadを頻繁に持ち運ぶ方にも向いていると考えます。持ち運びの度にBluetoothキーボードを持ち運ぶ事は正直手間と感じます。そのため、タイピング環境をケース付きのiPadを持ち運ぶ事で利用できるという事は、この手間を省く事ができて便利なツールとして感じます。

コンパクトに持ち運びたい人

荷物が多くなるため、コンパクトにまとめて持ち運びをしたいという方に向いていると考えます。ケースとキーボードの一体化する事でコンパクトに持ち運びができる事は非常に魅力的です。

私の場合は、外出先でタイピングをする機会が少ないため、スマートキーボードの活躍する機会が少ない状態にあります。しかし、家でタイピングする時に準備をする面倒さを少しでも解消する点については役に立っています。

まとめ

スマートキーボードは主にキーボードをiPadを利用したい方で直ぐにタイピングできる環境が必要と感じている方が購入するのが良いと感じます。実際には、購入前にBluetoothキーボードを代用として利用してみて、自身のタイピング頻度を測ってみてそれから購入を考えてみてはいかがでしょうか。

本記事が、スマートキーボードの購入をご検討の方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-iPad

© 2020 さんえんブログ