iPadmini(5世代 wi-fi+cellular)を1週間利用してスマートフォンの役割のがiPadminiに移った

スポンサーリンク

iPadminiが私の元に届いて一週間が経過しました。

だいぶ使い込んでおり、生活の中に馴染んできました。

本日は、iPadMiniが生活の中で活躍しているシーンの紹介をしていきます。

iPadminiの購入を検討されている方のご参考となりますと幸いです。

サイト閲覧、動画閲覧がiPadminiに集約された

私は家でネットサーフィンや動画視聴を良くします。

iPadmini導入前はスマートフォンで行っていたことですが、これがiPadminiに集約された感じとなっています。

特にwi-fi+cellularモデルのため、外での通信が可能となります。

これにより、外出先でのネットサーフィンが捗っています。

ちょっとした調べ物をする際にスマートフォンではなく、スマートフォンよりも画面の大きなiPadminiを利用することで、ネット上に書かれている記事が読みやすく、情報が多く入ってきます。

「iPadminiの画面」

動画閲覧については、家での利用が多くなっています。

サイズが片手に納まるギリギリのサイズのため、くつろいでいるふとしたタイミングで触る事ができ、操作する際も重くないため、気軽に利用する事ができています。

この使いやすさがiPadminiの一つの強みだと感じます。

タイピングが両手でできるサイズ感

ここでもサイズ感の話となりますが、ソフトウェアキーボードで文字入をする際に、両手で端末を握った際に両手で操作を行うにはちょうど良い幅となっています。

文字入力が苦とならないため、ちょっとしたメモを残す際にも、iPadminiを取り出して利用する事が増えました。

特に、外出先でブログのネタを閃いた際には、スマートフォンではなく、iPadminiを利用する事が増えています。

「親指の届く範囲(左手)」

「親指の届く範囲(右手)」

読書が便利なサイズ

私は電子書籍で漫画を読むことがありあます。

この時のタブレットサイズとして、iPadminiがちょうど良いサイズとなっています。

7.9インチが単行本と同様のサイズ感となっており、ちょうど良いと感じています。

「サイズ感の比較」

スマートフォンの役割がiPadminiに移った

わずか1週間程度の利用でしたが、今までスマートフォンで行っていた事がiPadmniに移る事となりました。

現在私がスマートフォンで行っていることは、Twitter、LINE等のSNSと電話といったコミュニケーションを取るものと、スマート家電の操作程度となります。

ゲームも、iPadminiに役割が移りました。

もともとスマートフォンで行っている事が少ないという事もありますが、大分スマートフォンの役割がiPadminiに移った様に感じます。

今までのiPadとは違い、気軽に持ち運びができ外でも通信ができる事から、気楽に利用できる様になった事が大きな要因だと感じています。

今後の期待

外出時のブログ記事の下書きのマシーン

少し前に紹介したファーストインプレッションの記事でも話していますが、気軽に外に持ち運べるからこそ、ちょっとした外出の際のブログの下書きのできる端末にしたいと考えています。

現在探している最中となりますが、iPadminiにあう、Bluetoothキーボードを入手し、ブログがかける状態にしたいと考えています。

Twitterを移行したい

SNSで閲覧の中心となるものがTwitterとなります。

そのため、閲覧がしやすい端末に利用シーンを移行していきたいと考えています。

特にブログに関するTwitterについては、個人的にブログの内容にしか呟くことがないため、閲覧タイミングが限られますので、そうちiPadminiにアカウントを移していこうと考えています。

気になるところ

スマートフォンからiPadminiに様々なコンテンツを移行したため、iPadmini側の電池消費がすごいです。

土日など休日はとくに、一日で充電がなくなります。

ハードに利用している証拠となりますが、もう少し、バッテリー節約の設定などを見直した方が良いと考えています。

まとめ

今までスマートフォンで行っていたことをiPadminiに移行する事で、快適にコンテンツを楽しむことができる様になりました。

また、wi-fi+cellularモデルのため、出先での利用についても快適です。

今後もこの端末の役割を増やして、どんどん便利な端末としていきたいと考えています。

本記事が、iPadminiの購入を検討されている方のご参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA