iPad

iPadAirを1ヶ月利用して思う事

iPadAirを利用し始めて1ヶ月が経過しました。ここで、私がiPadAirを購入した結果についてまとめをさせていただきたいと思います。1ヶ月の利用を通じて、iPadAirを購入して良かったと感じています。利用頻度として、四六時中いじり倒す様なハードな利用はしていませんが、ブログ記事の作成、ネット閲覧、動画視聴など、集中して行いたい事に対して、手間をかけずに開始できる様になり、快適なデジタルライフを送る事ができる様になりました。

本記事が、iPadの購入に悩んでいる方や、iPadのどの機種を購入しようか検討している方の参考となりますと幸いです。

利用端末の紹介

私の購入した端末の紹介をさせて戴きます。

  • iPadAir第三世代
  • 色:シルバー
  • 容量:64GB
  • Wi-Fiモデル

「iPadAir」

利用シーン

利用シーンとしては、ハードな利用をしておらず、以下の様な簡単な作業を中心に利用しています。

  • 動画視聴
  • ネット閲覧
  • ブログの記事の作成(文書作成)
  • ブログ写真の撮影と加工(画像加工)

Wi-Fiモデルの購入で良いか

個人的には、Wi-Fiモデルの購入で良かったと感じています。理由として、家での利用がメインになり、外で利用した場合でも文書作成をするためにpageのアプリを利用するだけなので、外でネット環境は必要ありませんでした。また、ネット環境が必要となった場合には、スマートフォンのテザリング機能を利用する事で問題無く通信ができるため、四六時中通信をする必要は無いと感じています。

重さについて

iPadAir単体で465.5gと軽い端末となり非常に軽い端末となっています。私の利用状況として、普段はスマートキーボードと背面カバーを装着して利用しています。これにより総合した重さが791gとなります。家の机の上で利用するには、問題ありませんが、持ち歩くには少し重い気がしています。持ち運びをメインに利用する場合は、背面カバーを取り外したり、スマートキーボードをやめたりして持ち運んだ方が良いと感じます。

電池持ちについて

電池については、文書作成、動画視聴をメインに1日2~3時間ぐらい利用をしていますが、頻繁に充電をしなければいけない事は無く、一週間に1、2回の充電で利用できています。

端末の処理について

私の利用方法でアプリが固まる事は無く、スムーズに利用する事ができています。この部分は端末の能力が高い事が影響しているのか、現状問題無く稼働をしてくれています。

10.5インチの画面が良い

スマートフォンでは画面が小さく文書の作成等、作業画面が小さくてできなかった事がiPadの画面ではできる様になりました。また、スマートフォンでは画面が小さいと感じていたwebの閲覧や、動画の視聴が快適にできる様になりました。この10.5インチの画面をどこにでも持ち運べるというのが私の生活を快適にしてくれています。

生活に与えた影響

iPadが私の生活に与えた影響はいろいろありますが、一部を紹介させて戴きます。

少しの面倒を解消してくれた

iPadは私の少しの面倒と感じる事を解消してくれたツールだと感じています。ブログ記事を作成や、ちょっとした調べ物をするのにパソコンを立ち上げるのが面倒と感じる場合でも、iPadならば直ぐに立ち上げる事ができ作業に取り組む事ができます。そのため、少しの面倒を感じる事無く、行動に移す事ができる様になりました。

紙(ノート)の利用頻度が減った

メモをiPadで取る様になり、家の中の紙の利用頻度が減りました。iPad購入以前はノートを頻繁に利用していましたが、iPadを利用し始めてからはノートを開く事は基本的には無くなり、iPadを開く事が増えました。純正のメモアプリを利用する場合、iCloudを利用する事でiPhoneや、MacBookに同期する事ができるため、非常に便利です。

まとめ

iPadが生活の一部になった事により、端末の起動をはじめとした今まで煩わしさを感じていた事を改善してくれました。また、今までスマートフォンで行なっていた事をより快適に行う事ができる様になりました。

iPadAirは、パソコンでできる事の一部を思いついた時に実行できる状態にして、スマートフォンでは取り組みにくかった事を実現してくれるという様に、生活をより快適にしてくれる良い端末だと感じています。少し高い買い物となりましたが、買って後悔はしていません。逆に、購入をして良かったと感じる点がたくさんあります。

本記事が、iPadの購入を検討している方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-iPad

© 2020 さんえんブログ