iPad

ESR背面ケースを利用する事でiPadAirを気軽に利用できる様になった

iPadAir購入後、背面カバーを利用すること無くiPadAirを利用してきました。しかし、この度、iPadAirの背面カバーを購入する事としました。背面カバーがある事で、iPad起動までの一手間が省け、背面カバーがあった方が良いと感じています。本日は、購入した背面カバーの紹介とiPadの背面カバーの無い状態で生活していた頃と背面カバーのある状態での違いについて述べていきます。

iPadAirの背面カバーをお探しの方や、背面カバーの購入に悩んでいる方の参考になりますと幸いです。

購入した背面カバーの紹介

今回購入したケースはiPadAirの裏面を守るのみのケースとなります。表面は、iPadAir純正のケース類を利用する事を前提としています。今回購入したケースは、ESRから発売されている背面ケースとなります。

ケースの感想

iPadAirの各機能を潰す事が無くしっかりと作られた製品という印象

イヤホンジャックと充電部分には切れ込みが入っています。スピーカー部分も、iPadAir側のスピーカーに合わせて穴が空いています。

「イヤホンジャック」

「充電部分とスピーカー部分」

カメラ部分も、しっかりと穴が空いており、機能に対して問題はありません。

音量と電源ボタン部分は、柔らかな素材でできており、押しやすい作りとなっています。

純正のカバーを利用できる様に表面のカバー接続部分はカバーがされていませんが、純正のカバーがちょうど取り付けられる様になっています。

「純正カバー接続部分」

購入前に気になっていたところとして、背面カバーがキーボードに干渉して純正のスマートキーボードが利用できないのでは無いかと思っていましたが、問題無く利用ができます。

カバーの質感

ハードカバーでしっかりとした作りになっている印象です。擦り傷等からiPadを守る分には問題の無い十分な役割を果たしてくれる背面カバーだと感じています。

重さ

純正スマートキーボードカバーとiPadAir、背面カバーを着けた状態で791gでした。ケース自体は81gです。

「背面カバーの重さ」

「スマートキーボードとiPadAirと背面カバーの重さ」

純正スマートキーボードと背面ケース、iPadAir込みの状態で持ち運びをする場合、少し重さを感じます。

背面カバー生活をして思う事

メリットと感じるところ

iPadAir単体で保存ができる

背面ケースを着けた事でiPadAirを保存する際にスリーブケースにしまう事無くなりました。家では、机の上等目につくところに置く事が多くなりました。これにより、スリーブケースを利用してた時よりアクションを減らしてiPadAirが使える様になりました。スリーブケース利用時には、iPadAirをスリーブケースから出して、iPadAirを起動させる。iPadAirを使った後は、電源OFFにして、スリーブケースに片付けるという作業をしていました。しかし、背面ケースをつけたことから、スリーブケースへの出し入れの手間が減った事から、iPadAirを使う難易度が下がり、iPadAirの使用頻度が高まりました。少しの空いた時間でもiPadAirを使う様になっています。

デメリット

背面カバーを着けた事で厚みが出た

背面スリーブを着けていない時と比べて若干厚さを感じます。その内慣れるとは思いますが、着けたばかりの頃は違和感があります。

若干重くなった

重さのところで述べましたが、背面ケースを装着した事でiPadAirとスマートキーボード、背面ケースを1セットとして持ち運ぶ事に対して若干の重さを感じる様になりました。iPadAir単体を持った際、軽いと感じてしまう重さにはなります。

まとめ

今回購入したiPadAir背面ケースはiPadAirへの傷から守ってくれる、良いケースだと考えています。純正ケースとの相性も良く、純正ケースの機能を邪魔すること無く利用できます。また、iPadAirのスピーカーやイヤホン、ボタンそれぞれが十分に利用できています。

背面カバーを利用する事でiPadAirをスリーブケースから取り出す手間が削減され、個人的には、iPadAirの利用頻度が購入当初よりも高まりました。やはりすぐに使える形で保存しておく事がiPadAirの利用頻度を上げる事に繋がるのだと実感しています。

注意点としては、iPadAirとスマートキーボード、背面ケースを利用する事で全体的に重くなり、若干の重みを感じる様になる事です。

iPadのケースについて、お悩みの方に対して本記事がお役に立ちますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-iPad

© 2020 さんえんブログ