iPad

iPad Airを買って6ヶ月の感想

iPadAirを購入して6ヶ月が経過しました。

ここで、私の生活にiPadがどの様に浸透しているかについて述べていきたいと思います。

iPadがある事で生活の中で生活の中でインプットが気軽にできる様になりました。情報を調べたり、動画をみたりという様な機会が購入前よりも増えた様に感じています。

本記事については、iPadのある生活がどの様なものか、気になる方やiPadの使い方にご興味のある方はご一読いただきますと幸いです。

私の使っているiPadAirのモデル

  • Wi-Fiモデル
  • 32GB

「外観画像」

iPadのある生活はインプットを気軽にできる生活

iPadを導入して1ヶ月の記事でも書きましたが、インプットの際に大画面を手軽に操作できる事が便利だと感じています。

手軽さとしては、机の上にiPadを開いて電源をつけてすぐに必要なアプリケーションをスマホ以上の大画面で操作できる事で、隙間時間にちょっとした調べ物をする事ができます。また、トイレへ行く時、ベッドの上、料理をする時等、場所を選ばずに大きな画面で操作ができ、情報を得る事ができます。

インプットとしては、ネットサーフィン、動画の視聴がメインとなりますが、テレビをつける感覚で簡易パソコンを開く事ができる事、これが便利なこととして感じています。

インプットをする事については、パソコンの変わりとして利用する事がある程度できる様になっていると感じています。

電池の持ちについて

電池持ちとしては、体感となりますが、5日程度は充電をしなくても利用ができ、連続使用期間としては満足しています。

私の使い方としては、仕事から帰ってきて開いた時間をメインに利用していますが、実際、利用している時間は夜に2h~3h程度平均的に利用しています。

空き時間の活用となりますので、十分に正確ではありませんが、ハードな使い方をせずに長期間利用する事については問題無いと感じています。

スマートケースをつけた利用頻度

スマートキーボードをケースとして、iPadAir購入時に合わせて購入しましたが、情報のインプットを行うために家の中で持ち運ぶ際には、スマートキーボードを外している事が多くなりました。

この理由として、iPadAir単体のサイズ感がタブレットとして利用する分には非常に軽くて良いと感じてしまったためです。

以前の記事でスマートキーボードは持ち運びに対しては問題ないと記述しましたが、実際に長期間家の中で利用していると、スマートキーボードの重さが気になってしまい、iPadAir利用時には軽く利用したいため、外して利用する事が多くなりました。

しかし、パソコンを持ち運ぶよりは、iPadを持ち運ぶ方が荷物としては軽いため、外出の際にはスマートキーボードを装備したiPadAirを持ち運ぶ様にしています。こうして考えると、パソコンよりも軽い事がタブレットの売りの一つだと感じます。

「スマートキーボード」

動作の快適さ

iPadだけあり、動作については非常に満足しています。利用時には滑らかな動作をして止まる事がなく、(負荷の高い事をしていないだけかも。)快適なデジタルライフを提供してくれていると感じています。

iPadでできるアウトプット作業

アウトプット部分については、パソコンの方ができる事が多いため、iPadには向いていないと感じています。

ワード文書の作成、写真の撮影等、簡単な操作ならばiPadで実施が可能です。

実際に私は、iPadで記事の下書きを書いている事があります。

しかし、何かを見ながらの作業や、自分の手を加える資料作り、プログラミングなど、手の込んだ事をしようとする場合は、iPadでは無く、パソコンの方が色々な作業ができるため、効率的だと感じます。

まとめ

iPadAirを6ヶ月利用した感想について、まとめを行いました。

情報のインプットを行うためには非常に優れたツールで動作も滑らかな良い端末だと感じます。一方でパソコンの様にアウトプットを行う作業を実施するためには、まだまだ効率がパソコンに及ばないと感じています。

iPadを生活の中に取り込んだ事で、インプットできる機会が増えた事がiPadを購入して良かった事だと感じています。

本記事がiPadにご興味のある方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-iPad

© 2020 さんえんブログ