iPad

iPadはパソコンの代わりになるのか?

一度は耳にする言葉として、iPadをはじめとしたタブレットがパソコンの代わりになるのかどうかという事です。

私は、iPadAirとパソコンの両方を持って利用しています。

両方の端末を利用して感じる事として、一部の機能に限定した使い方をするならば、iPadはパソコンの代わりになると思います。しかし、完全にパソコンの代わりとしてiPadを利用する事は難しいと感じています。

今回は、iPadが完全にパソコンの代わりとして運用する事が難しいと考える理由について述べさせて頂きます。

パソコンかタブレットどちらかを購入するか悩んでいる方の参考となりますと幸いです。

iPadがパソコンの代わりにならない理由

利用できないソフト、ハードがある

パソコンとiPadで異なる点はここだと考えています。パソコンはフリーのソフトを利用しようとした場合、ソフトバージョンが対応していれば、利用できます。しかし、iPadの場合、アプリケーションとして開発がされていないと利用できません。特に、フリーのソフトはアプリケーションを開発していない事が多々あります。

また、プリンタについても、iPadに対応したプリンタを購入していない限り、iPadからプリンタで印刷をする事ができません。この様に周辺機器についても、対応しているものを揃える事が必要となります。

ソフトの機能の一部がアプリに移植されている

iPadでブラウザアプリを利用しようとした時、ディベロッパーツール等の機能は無く、ブラウザは閲覧に特化した機能のみが残っている状態となります。

ディベロッパーツールの例の様に、パソコンではできていた事がアプリになった途端に、機能の一部が利用できるのみとなります。

軽い用途であればタブレットでも良いとする

パソコンの利用が必要である様な本格的な作業をしないのであればiPadでも可能

上記でiPadはパソコンの代わりにならないと述べたが、パソコンの一部の機能をパソコンの代わりとして利用する場合に限り、パソコンの代わりとして利用ができると考えます。

例えば、文書の作成であったり、スライドの作成であったりです。これらの作成は限られた機能の中でできる事となります。

まとめ

iPadはパソコンの代わりとして利用する事は難しいと結論づけました。理由として、以下の点が挙げられます。

  • 利用できないソフト、ハードがある
  • 機能の一部のみがアプリに移植されている

この2点は重要な点となります。パソコンの代わりにiPadの購入をする方は、タブレットはパソコンでできる事を限定的に絞り込んだ事ができる端末であるという事を理解した上で購入する事をお勧めします。

個人的にはパソコンの置き換えでiPadをはじめとしたタブレットを購入する事は将来的にやりたい事ができないという事にもなるため、やめておいた方が良いと考えます。

2台目のパソコンの代わりとしてiPadの購入を検討されている方にとってはiPadは、便利なツールですので、是非購入を進めます。

本記事がタブレットをパソコンの代わりとして購入することを検討されている方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-iPad

© 2020 さんえんブログ