iPad

iPadをPC化(PCライク)に利用する方法と利用した感想

最近、AppleからMagic Keyboardが発売されました。これにより、iPadをPCライクに利用する事が気軽にできる様になったと言えます。しかし、対応しているのはiPadProのみ。iPadAirでも、マウスとキーボードを取り付けてPCライクに利用する事ができるのでは無いかと思い、やってみました。この時に実施した設定を記載します。

iPadをPCライクに利用したいとお考えの方の参考になりますと幸いです。

PCライクに利用するために必要な物

まず始めにiPadをPCライクに利用するために必要なものとして、BluetoothマウスとBluetoothキーボード(もしくは、スマートキーボード)があります。この2つが無いと始まりません。

「キーボード、マウス設置図」

キーボードを利用する

キーボードを利用する方法として、設定のBluetoothから接続をONにします。

「Bluetooth設定画面」

この時、対象のキーボードがBluetooth利用一覧に選択され、「接続済み」の状態となっていれば、キーボードの利用が可能となります。

「接続済み」

初めて接続する場合は、ペアリングがされていない状態となりますので、対象のデバイスをタップする事でペアリングが完了となります。

マウスを利用する

マウスを利用する場合も、キーボードを利用する場合と同じく、設定画面Bluetoothから対象のデバイスを選択して、ペアリングを行います。

対象のデバイスを初めて接続する時には、キーボードを設定した時と同様に対象のマウスを設定する事でペアリングができます。この時、ペアリングしますかという画像の様な質問がきたら、「ペアリング」を選択する事でペアリングが完了となります。

「マウスの初期設定」

マウスポインタは、矢印では無く、丸い玉がとなって現れます。

「ポインタの丸い玉」

マウスの速度を設定したい時には、アクセシビリティのポインタコントロール画面を開き、「ポインタコントロール」を選択します。この画面で「スクロールの速さ」を好きな速度にすることで設定が完了となります。

「アクセシビリティ」

「ポインタコントロール」

また「ポインタコントロール」の画面では、ポインタの大きさを変更する事が可能となります。ポインタサイズを変更したい場合は、「ポインタサイズ」を変更することでポインタの大きさを変える事ができます。

実際に利用してみた感想

マウスとキーボードを接続して、この記事の下書きの作成をしてみました。記事の作成時にマウス操作ができる事で、タッチ操作ではなかなかやりにくかった文字列の選択操作がやりやすくなり、誤操作が減った様に感じます。また、スクロール操作もマウスで行えるため、指で操作するよりも、狙ったところへ移動することができ、作業がスムーズになりました。

一つのアプリ内での細かい操作が快適にできる様になった一方で、各アプリ間をマウスで移動させたり、アプリを終了させたりする事はマウス操作ではできません。物理ホームボタンを押す必要がります。パソコン感覚で利用しようとした時に若干の不便さを感じるところだと思います。

まとめ

iPadをPCライクに利用するために、キーボードとマウスをiPadに接続して利用する様にしましたところ、細かい操作はしやすくなりました。一方でアプリ間の移動がマウス操作でできないため、本当の意味でPC感覚でiPadを利用する事はまだまだ難しいのでは無いかと感じています。

本記事がiPadをPCライクで利用したいと考えている方の参考となりますと幸いです。

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-iPad

© 2020 さんえんブログ